神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Forever.


『Forever』という歌を聴いて帰ってます。
6月24日。今年も無事に誕生日を迎えられました。

胸がふるえたサプライズ。
各方面からのメッセージ。
「おめでとうございます」の声かけ。
そして、父を想う声。励まし。

プレゼントがなくても、こんなに嬉しいだなんて。


ありがとう、ありがとう。
それは、絶対にあなたがいてくれたから。


今は亡き、おじいちゃん、おばあちゃんのことを想う。


60歳にならずして、病に倒れ亡くなってしまったおばあちゃん。

70代で亡くなってしまった、おじいちゃん。

父のお父さんは、50代で病に倒れた。


もし、僕の寿命がそれくらいなんだとしたら、折り返し地点あたりには来てるのかもしれないと思うと、会いたい人に会い、うれしくて泣いたり、涙が出るほど笑ったり、自分のことのように相手の悩みを背負ってみたりして、良いのではないかと思ったりしています。


もちろん、若くして死ぬつもりはないし、しぶとく健康で、「いつまでも変わらないね」と言われるくらい若々しくいたいし、元気でいたい。

気持ちも学びも、他にもたくさんのことも豊かでありたい。それを目指していきます。


でも、今までの生きてきた命の流れを感じようとすると、「ながれてゆく時間を、おしい。時間は愛しいなぁ」と、1艘の船が心に浮かんで揺れるようです。


揺れる気持ちは、ふしぎですね。


永遠=Forever
と、
限りある命のきらめき=生と死
が、
心のなかにこんなにいっしょにあって、心地がいいなんて。


それは、きっと
あなたに出逢えたから。


きっと、
あなたと一緒の時代に生まれてこれたから。


もっと、もっと、
限りある時間をたいせつにして、
感動を毎日、わすれないで生きていきます。
「好きな気持ち」をたいせつにします。


ありがとう
と、感謝の気持ちをこめて。


大好きです。
ありがとう。

このブログを読んでくださっている、あなたへ。


2013.06.24.Monday

神山 幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2013-06-24 00:37 | diary