神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

To.
■■ご予約してくださったお客様へ■■
※連絡先が分かる方に、お送りさせていただいています。
お手数おかけしますが、一緒に来てくれた大切な方にも、お知らせください。
よろしくお願いします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんばんは!
Merry Christmas.
お元気ですか?
【Sweet home & Bitter home Vol.5〜みんなで手をつないで〜】に
ご予約いただき、本当にありがとうざいます。
本当におかげ様で、たくさんのご予約を頂いております。

当日、混雑が予想されますので、お早めにお越し下さい。
お席は、先着順でのご入場になります。お好きな席を選んでいただけます。
明日も寒くなることと思います。お気をつけて、温かな格好でお越し下さい。

ライブ会場のLive BAR『ハギンズビー』は、お酒や軽食もあります。
(僕のオススメは「タコライス」です)
お食事もお楽しみいただけますので、ゆっくりくつろいでいただけると思います。

今回のテーマは、【みんなで手をつないで】。
音楽があったからこそ繋がれたメンバー(出演者)が明日の夜、集まります。
「出逢えたこと、繋がれたこと」に感謝をし、よろこびの輪が広がるような、最高のライブにしたいと思っています。
温かな音楽に、希望・愛を込めて歌をお届けします。
明日、笑顔でお会い出来るのを楽しみにしています。
今回、ひとりひとりから頂いたMusic Charge代から少しずつを集めて、義援金にさせていただきます。
みなさんと一緒に''For Youの気持ち''を被災地へ送らせていただきます。
みなさんひとりひとりが一生懸命に、働いて稼いだお金。大切にします。

それでは、
ハギンズビーで、お待ちしていますね!
心からのありがとうを、あなたに。

大好きな場所で、音楽を囲んで。
さぁ、みんなで手をつないで。


Merry Christmas To You.
たいせつな あなたに。


2011.12.25.Sunday
神山幸也
平井政知
出演者 & スタッフ一同より

■■■■■■■■■■■■■■■■
<詳細>
Live 2011
*December*
●12月26日(Mon)
at 『大和 Hagin's B φ』
Kouya Kamiyama & Masatomo Hirai presents.
【Sweet home & Bitter home vol.5〜みんなで手をつないで〜】
□Time
OPEN 18:30 / START 19:00
□Ticket
MUSIC CHARGE ¥2500
(one drink込み)

素敵な仲間たちと音楽を奏でます。
*売上げの一部を、復興の為に寄付致します*

□出演
●神山幸也

Piano:新沼耕太
Guitar:大貫成一
Percussion:稲葉信芳

●平井政知

●Special Guest
<サックスカルテット>
河西麻希(S.SAX)
柴田鑑(A.SAX)
河副健太郎(T.SAX)
松元啓輔(B.SAX)

●千佐都(opening ACT)

[お問い合わせ]
大和ハギンズビー
■HP>>>>> http://home.catv.ne.jp/ff/hagin/index.html
■mobile>>>>> http://home.catv.ne.jp/ff/hagin/k/index.html
■TEL:042-200-1220


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
*ARIGATO FOR YOU.
*THANK YOU FOR COMING TODAY!!!
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-12-25 22:36 | diary

yahoo NEWS.


こんばんは。
お元気ですか?

もうすぐ、クリスマスを迎えますね。

温かく過ごされていますか?
だれかと一緒に、過ごされているといいな・・・と思います。


きょう、yahooのニュースを見たらね、
顔がついつい、ほころんでしまいました。


『サンタクロース、北欧を出発』


・・・これは、にやけてしまうでしょう?



あなたの街に、きっと やってきます。

ベルが聴こえてくるようです。

リンリン シャンシャン...



 
2011.12.23.Friday
23:40 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-12-23 23:41 | diary

ひきつづき、情熱大陸。

引き続き、ハードディスクに録ってあった情熱大陸を見る。

デーブ・スペクターさんが今回の特集。

とても、素敵なひとだと思った。

震災があったときも、海外のテレビ局にノーギャラで出演して、
日本の正しい状況を訴え続けた。

「欧米諸国の方が、悲観的に見過ぎています」
「日本人は落ち着いて『希望』を持つことが最善の策だと知っているのです」

流暢な英語で真剣に伝えていた。



ちょっとバカにしていた自分が恥ずかしくなった。


彼は日本人以上にとても、日本を愛していた。
結婚もしていて、愛妻家。
30周年、日本人の奥さんと手をつないで出かける。

「どこにもいかないように」

と、笑って言えるデーブさん。
ほんとに「素敵」のひと言。


気持ちがあって、芯が通っている。
日本人よりも、日本を愛していることが伝わってきた。
なんか恥ずかしい。


僕は、日本人。
彼は、アメリカ人。

きっと、僕よりも日本人かもしれない。



「日本をすきになってくれてありがとう」



日本人の僕から、アメリカ人のあなたに。
尊敬の意を込めて。








2011.12.13.Tuesday
27:40 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-12-14 03:40 | diary

情熱大陸。

情熱大陸を見る。
ハードディスクに録りだめていたものを、徹底的に見る。


みんな有名なひとたちだ。
いつの日か、会ってみたい人たちだ。


三宅一生さん、長谷部誠さん、木村さおりさん、
今は、立川談志さんが一生懸命にテレビの中で喋っている。

寂しいけれど、立川談志さんだけは、もう生きているうちに会うことは出来ない。



今日、あるひとから(「Aくん」としようか)
「ともだちに有名人がいたら、スゴくない?良くない?」
という話があった。


僕は、なんだか違和感を感じた。

僕は、こう答えた。
「たとえ、Aくんが有名人になろうが、どうしようもなくなろうが、Aくんは僕の大切なひとだよ」


彼は、納得いっていないようだったけれど、
僕はこう思うな。



いつか会うかもしれないスーパースター(有名人)よりも、
目の前にいてくれる、あなたの方がずっといい。





もしも、Aくんの目の前に
僕と、有名人がいたとして・・・(金の斧がいい?銀の斧がいい?みたいな話ですね)
どちらかを選ばなきゃならないとしてね、どちらかは脱落みたいな感じね。


もし、Aくんが有名人の「はじめまして」のひとに向かって、
勢いよく、笑顔で走り出して行ったら・・・なかなか寂しいと思うんだ。


だから、僕はそうはなりたくないな・・・と思うんだ。
(もちろん、スーパースターに憧れる気持ちは僕にもあるよ)

でもね、
僕はAくんを置き去りにして、はじめましてのスーパースターに駆け寄ったりはしたくない。




いつか会うかもしれないスーパースター(有名人)よりも、
目の前にいてくれる、あなたの方がずっといい。



ぜーったいに、いい。




情熱大陸を見倒しながら、あらためて思うのであります。







2011.12.13.Tuesday
06:48 a.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-12-13 06:48 | diary
昨日は、
すごく空が澄んでいて、月がきれいだった。

空気がぴーんとしていて、遙か遠くにいるサンタクロースが子どもたちへのギフト準備の音がかすかに、聞こえてくるような気がした。

空気が、しんしんと音をたてた。


そして、
夜空には月は星と寄り添っていた。

こういうとき、いつもTELをくれるひとがいる。

そのひとは、僕のことを「こうやさん」と呼んでくれる。
結構、歳はおっちゃんだ。


「こうやさん、今日はとっても月がきれいですよ」


そんな風に語りかけてくれる。その声は、優しい響きをしている。


「こうやさんの月の歌、とっても今夜に合いますね」


そうも言ってくれる。

とっても、ありがたいことです。



その、おっちゃんの目はきらきらとしていて、
顔は、歳には勝てないが・・・目には、少年がいるみたい。

瞳は、ブルーではないが、ブルーな感じがする(それは、僕だけの意見)。



いつか、多くの人たちと一緒に、
まんまるな月を見上げたいな。



ぜったいに、それぞれ、
空を見上げているタイミングは近いと思うから。

住んでいる場所に距離はあれど、こころはきっと、つながっている(はずだ)。



もっと、近い距離で、
もっと、長い時間、いろいろなことを共有出来るようになりたいな。


せっかく、
生きているのだから。


醍醐味を味あわなくっちゃ。




いつの日か、多くの人たちと一緒に、
まんまるな月を見上げたいな。






f0123983_5465084.jpg

photo by : Kouya Kamiyama
title : man・maru...




2011.12.09.Friday
23:30 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-12-09 23:30 | diary

ニット な 気分。


冬の季節がやってきた。

僕のすきな季節だ。

今日は、うれしいことがあった。

奇跡のような出来事。

一発逆転のようなこと。

チャンスがめぐってきたようなこと。

神様は、時にはペニーをくれるのだ。

それを、大きくするのも、落としてしまうのも、そのひと次第。

それでも・・・嬉しい。


最近は、コートよりもニットの方が好きです。

太い毛糸で編んである、ニットを良く着ています。アウターの代わりに。

なかなか温かでいいんですよね。

今はコートのきれいなラインよりも、少し野暮ったいくらいのニットがお気に入りです。

風を通すあの感じ、いいですよ。

「ぬくもり」と「あたたか」という字は、「温」というおんなじ字を使うんですね。


いいニットに、また、出会えるといいな。


そんなことを思います。

ちょっと、原色とかに挑戦してみようかな。


でも、
そんなことよりも、僕の知っている誰かの「やったね!」という結果になるように祈るばかりです。


抽象的すぎるけれど、いいんです。

僕と分かるひとだけが、分かっていれば。





2011.12.07.Wednesday
28:06 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-12-08 04:06 | diary

富士山

国道の向こうに、富士山が見えた。
キンと空気が冷えた、朝だった。

いつもは、見えなかったのに、その朝だけ見えた。


冬がやってきたのぉ。

・・・おじいちゃんのようにつぶやいてみた。


少し笑ってしまった。
いつもよりも、おかげで愉快な朝を迎えた。


富士山、母校からよく見えた。

その母校の延長線上に、この国道があるのかなぁ。

この国道を歩いて行けば、母校にたどり着くのかなぁ。


そんなことを思って、少し嬉しくなった。



その何日か経って、電車に乗っていると、遠くに富士山が見えた。

ビルで隠れてしまったけれど、少しの間見えたそれは、とてもきれいだった。


僕は、登山はしない。
でも、富士山は、ここ最近になって好きになりつつある。

どうしてだろう。

なんだか「1番の感じ」がするから。
「縁起がいい」感じがするから。


なんとなく、そんなこともあって、
思い出もあって、美しいなぁ・・・なんて思ってしまう。


朝から、富士山を見る。

なんだか、いいでしょう。

ぜひ、あなたも。






2011.12.07.Wednesday
05:18 a.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-12-07 05:18 | diary