神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【Sweet home & Bitter home Vol.4〜うたにきぼうをのせて〜】
Live at 大和ハギンズビーに     
■ご来場いただいたお客様へ■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんばんは。
お元気ですか?

先日、開催されました【Sweet home & Bitter home Vol.4〜うたにきぼうをのせて〜】にご来場いただき、本当にありがとうざいました。

皆さんのおかげで『満員御礼!!SOLDOUT!!』のイベントになりました。
お会い出来て、とってもうれしい夜になりました。

天候が不安定な中、来ていただきまして、ありがとうございました。
温かな空間で音楽を奏でること、歌をお届けすることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さんがいてくれたおかげで、1つずつ、それぞれの歌が温かな響きを持った「よろこびの歌、希望を持った歌」になりました。

皆さんからいただいたMusic Charge代(大切なお金)からの収益を、しっかりと被災地にお届けしたいと思います。
ひとりひとりの''For You''の気持ちと一緒に送りたいと思います。
また、ご報告をさせてくださいね。

もう1つご報告があります。
今年の冬、12月に【Sweet home & Bitter home Vol.5】を開催する為に、スタッフ全員でミーティングを重ねていく約束をしました。
また、こちらもはっきりとしたことが決まりましたら、ご報告させてください。

皆さんにお会い出来て、本当に良かったです。

また、お会い出来ますように。。
そして、その日を楽しみにしながら、夢を見ながら、日々過ごしていきます。

また、この空の下で、お会い出来ることを楽しみにしています。
20日の夜に、ハギンズビーに行くことを選んでくれたこと感謝しています。


心から、大きくて温かなありがとうを、あなたに。


2011.08.22.Monday
神山幸也
平井政知
チーム一同
& スタッフ一同より
感謝の気持ちを込めて


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

*ARIGATO FOR YOU.
THANK YOU FOR COMING TODAY!!




2011.08.20.Saturday
Live at 「大和ハギンズビー」
【Sweet home & Bitter home Vol.4〜うたにきぼうをのせて〜】

< Set List >
1. Piano intro〜『闇』
2. 彗星(槇原敬之さんcover)
3. Star Compass
4. 守ってあげたい(松任谷由実さんcover)
5. きらきらひかる
6. 白球ストーリー
7. バディ
8. When You wish Upon A Star(星に願いを)
9. Piano intro〜『光、family(家族)』
10. 帰り道〜想い運んで〜
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-08-22 00:18 | diary

携帯をみつめると。


うれしいことがあったときに、僕は友達にmailをして報告をする。
さみしいことがあったときには、友達からもらったmailを読み直したりする。

それは、声なき声のメッセージだから。


うれしいことがあって、報告させてもらうときに、電話帳(アドレスブック)を見ると、僕は勝手に、それぞれ思い思いの顔を想像してうれしい気持ちになる。

そんなとき、なぜか、みんなとっても良い顔をしている。
いきいきとしている表情でいてくれる彼らに、僕は会う。


数は問題じゃないが、
ひとりひとりが、「僕を支えていてくれてるんだなぁ・・・」
勝手だけれど、そんなことをひとり思う。


たくさん登録されていた方が良いのかもしれない。
Mailが届かなくなったひともいる。
それでも、僕は消さずに残している。


一度は、この時代に生まれて共有した時間があった、繋がったひとだから。
僕にとってはとても大切だから。
そのひととの時間、関係は僕の誇り。


もう二度と会えないひともいる。
それでも、僕は消さずに残している。
名前があるだけで、思い出は蘇ってくれる。
鮮やかに、いきいきとしたあなたに報告をする。
こういうことがあったよ、ありがとう、とお礼をする。
見守っていてね、とお願いする。


携帯は、あまり好きではないが、
多くのひとたちと、繋がっていることを、
支えてくれるひとたちがいるんだ、ということを
教えてくれる。


そして最後に。
きらきらと輝いているその温かな、まなざしで見守ってくれるひとたちに、少しでも良いから、力に、支えになれたら・・・と、強く思う。




2011.08.17.Wednesday
24:14 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-08-18 00:15 | diary