神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


原稿を書きに、地元のファミレスへ。
時間は23時過ぎ。締め切りが迫っている。
コーヒーだけで良いかな?
と、思ったんだけれど、たまには贅沢したいなと思った。


ほんとうは、原稿を書き上げた後に、お祝いの贅沢なのかもしれないけれど、
気持ちは、もうすでに「贅沢したい」気持ちがムンムン。


めったに食べない、パフェを頼んでみた。
ひとりファミレス、ひとりパフェ。


目の前には、ながーいスプーンに、白いMac。

たまには、自分にご褒美をあげなくっちゃ。
物ではなく、食べ物でね。


これも1つの、自分の成長。


これからは、言葉と心を結ぶ戦い。
あたたかな言葉で、真っ直ぐに伝える文章を。

さあ、書いてみましょう。


毎回、チャレンジの気持ちで。
今回も、トライする気持ちで。


Try!



*p.s.
きょうは雨がすごかったですね。
もう梅雨入りだとか。まだ5月なのに・・、それでもきょうはね、保育園の時や、小学校の頃のような梅雨の雨を感じた気持ちになりました。
あの頃の梅雨は、雨で濡れる窓のむこうを見つめながら、
「きょうも雨だねぇ」
「そとであそべないね」
なんて、会話をしていたように思います。
それでも、梅雨の雨は、季節を感じられるような気がして、すきですね。
6月生まれだからかしら。




2011.05.29.Sunday
23:45 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-05-30 11:06 | diary

手をつないでゆけたら。

ニュースでしか、情報は得られない。
それはどこまで真実かは分からない。

それでも。

「避難」は続いているようだ。
そして、「非難」も大きくなっているようだ。

やっぱり、
自然の猛威なんだと思う。
人間が、自然の力をあまり見ていなかったんじゃないかなと思う。

だから、「何が起きても良いように」という対策をしてなかったのかもしれない。


「これくらいでいいでしょう」や、「そこそこ」


それが、いけなかったのかもしれない。

想定外という言葉。


悲しみから、怒り、そして憎悪に変わってきているとき。


手をつないで、
手を取り合って、
進んでいけたら‥。



なんでも、そう。
そうやっていけたら・・いいのにね。



2011.05.21.Saturday
25:42 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-05-22 01:43 | diary

におい


街には、においがあふれている。

例えば、高校生のときに生意気にもカッコウをつけて使っていた香水のにおいがすると、昔の僕と似ているのかなあ・・・なんて思ってしまって、どんなひとが使っているのかと振り返ったりしてしまう。

友達のにおい。

あのころに良く嗅いだにおい。


「におい」は、記憶に刻まれるのだなぁ。


そんなことを思って、目をつむって思い出していました。


密かに。
自分だけの世界を、じっくりと味わう時間がありました。

じんわりと、やんわりと浸りました。
会いたい人たちに、勝手に会ったり、話しかけたり。
(当たり前だけれど、会話はできないけれど)

「元気に過ごしている?」と。


鮮明に思い出せる思い出に、浸る贅沢な時間でありました。





2011.05.08.Sunday
26:48 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2011-05-09 02:50 | diary