神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

耳元でささやく。

電車の中でiPODを聴いている。


キャロルキングが耳元でささやく。


あなたは大丈夫。
信じていきなさい。


どんな曲でも、そう。

聴こえてくる。



彼女の歌が、そう励ましてくれる。



毎日が楽しい。
さぁ、がんばろう。



あなたも、さぁ、楽しくなれるんだから。
ファイト!




2010.09.30.Thursday
15:36 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-09-30 15:36 | diary

「Split The Difference」

こんばんは。

行ってきました。

「Split The Difference」

ミスターチルドレンさんのドキュメンタリー映画を観てきました。


ココカラさんの林くんから「ミスチルの映画やるみたいじゃーん」と情報をいただき、
全く知らなかった私は、「こりゃ、行かんとー!」と思い立って、予定を立てたてしつつ、
行って参りました。



もうね、大きな画面からドカーンと出てくるわけじゃないですか。

ふつうにミーティングしている姿とか、会話していることとか流れるわけです。


「あーっ、本物だ・・・。ほんとうに田原さんは喋らないんだ・・・」とかね、


ポップコーンを食べていたのを、中止するほど、じーっくりと観ておりました。




チームワークが良すぎて、わくわくしてしまいました。

だから、みんなで何かをするのは、やめられない。






f0123983_2481481.jpg

photo by : Kouya Kamiyama
title : すてきなパンフレット






2010.09.15.Wednesday
26:52 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-09-16 02:53 | diary

高木海帆

世界柔道。

日本の意地や、努力が感じられる。

篠原監督。
愛と情熱の柔道。

選手ひとりひとりとの信頼関係。

それがすごく伝わってくる。

短いスポーツニュースからだとしても。

それくらい、素晴らしいと思う。



僕も高校生の頃、柔道部の友達がいた。

みんな大きくって、背の低い僕のことを、すぐにひょいっと持ち上げた。

授業中は、良く眠っていたけれど、頼もしかった。

僕もたまに、その大きな背中に隠れて、眠った。

たまたま後ろの席だった時の話さ。



今回の世界柔道で、
「高木海帆(たかぎかいはん)」という選手が出場していた。

100kg級で出場していた。

僕は、この柔道家を知っていた。

僕は彼が中学生の頃、出会っていた。

名前が印象的だったから、忘れることはなかった。

絶対に彼だと思った。

嬉しかった。

一緒に歩いて帰った、夕焼けがきれいな帰り道を思い出した。

何を話したのか、今でも覚えてる。



青年に成長した姿を見て、感動している。

ほんとうにがんばって、将来表彰台に上がってほしい。




ハニカミながら、

身体の大きな少年が言った。


「金メダル、がんばってとります!」


今の凛々しい姿と、ハニかんで言う制服姿が重なった瞬間だった。





今回2回戦で惜敗してしまいましたが、

高木海帆選手

僕は彼を応援します!!





2010.09.14.Tuesday
28:03 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-09-15 04:07 | diary

夢の国。

先日、ディズニーシーへ、小学校の先生をしているとても尊敬出来るお友だちと行ってきました。

ありがたいことに、ご招待で行ってきました。

お時間は「19時30分〜OPEN」。
行けば分かるのかな・・・??

という感じで、走り出した日産カー。

ユーミンのスペシャルコンサートを観に行く為に、車で出発進行。

ユーミンの予習をするべく、お友だちのカーステレオからは、もちろんユーミン。


♪中央フリーウェイ〜
も良いけれど、やっぱり。

圧倒的に、

♪やさしさに包まれたなら
が、いい。すごくいい。

ユーミンさんのレコーディングした声が良いのかな。

はじめてこの歌を聴いたときに、ジブリの「魔女の宅急便」だったんだけれども、

なぜかは知らない。
「ぜったい、この世の中に存在するひとじゃないなぁ」
「この歌を作る為だけに、生まれて来たんだなぁ」
と、思っていた。
幼心的に・・・なぜかは、分からないんだけれどね。


そして、
♪hello my friend
じんわりしながら、夢の国に向かったのでありました。


不思議。
どうして、何度も行ったことがあるのに、胸が高鳴る。
楽しみになる。



首都高速の合流で、わーわー言った後、ついに到着。



開門前、ひとたちは並ぶ。
待つことに、文句も言わずに。
ワクワクとした表情で、話している。
ご家族で来た ひとたち。
子どもさんよりも、お父さんの方が何だか嬉しそう。


ディズニーランドは、大人たちが喜ぶ場所になっていってるのかもなぁ。
そんなことを思いながら、ぼくもワクワクと待つ。



いよいよ、開門。





こんなにすいている、テーマパークをすいすい歩いたのは、はじめてでした。


アトラクションにも乗りました。

絶叫系は、あんまり得意じゃないけれど、楽しく乗りました。
わーわー 言いました。





幻想的な、ユーミンさんのコンサートも素晴らしかった。

お買い物もダァーっとできましたし、アトラクションも全力で楽しめました。


3時間くらいのものでしたが、充実の1秒1秒でした。



それにしても、この日は、凄い移動距離でビックリするほどでした。


なんでも、
「家から出発してから、帰ってくるまでが●●」なんて言葉を先生から何度も聞いた気がしますが、
ほんとうにその通りだなと感じた1日となりました。


『全力で遊ぶ』ということを考えさせられましたね。




f0123983_185267.jpg

photo by: Kouya Kamiyama
title: だれもいないディズニーシー








***

後日談。
ご招待のチケットは、78万人応募があった中の選ばれた8000人。プレミアチケットだった。
素晴らしい1日になったことに感謝です。


また、行きたいな。






2010.09.07.Tuesday
25:00 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-09-08 01:11 | diary
今後、ぼくには取り組まなければならないことが起こるだろう。


・アルツハイマーの問題。

・アスペルガー、LD、ADHDなどの問題。

・信頼、信用、1人のヒトとして、気持ちや理解。



きっと、もっと簡単なことや、ずっと難しいことも、目の前に立ちはだかる壁みたいに見えることもあるだろう。



それでも、それを乗り越えたり、理解が出来たなら、
もっといい景色が、素敵な景色が広がっているのが見えるだろう。





ひとの役に立ったり、笑顔を増やしていく。

それを、イメージするだけで。

わくわくするね。


頑張りたいものです。




2010.09.01.Wednesday
28:09 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-09-02 04:10 | diary