神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

チョー、カッコいい。。


ユニフォーム。

作っていただきました。


これは・・・、
チョーカッコいい。。



f0123983_20411078.jpg





「憧れのナイキ」です。




ぼくは、こう見えても意外とスポーツが大好きであります。

だから、ユニフォームには愛着があります。


今回は、
フットサルチームのユニフォーム。


原宿のナイキショップでは、色やデザインをオーダーで作れるみたいです。
すごく、それも気になっています。

お友だちが履いているシューズは、まさにソレで、すごくカッコ良いです。



手でやるスポーツが好きな僕が、足を主体としたスポーツにどう関わって楽しめるのか。



すごく、たのしみです。





f0123983_20412656.jpg










2010.08.28.Saturday
20:42 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-08-28 20:51 | diary

ライブレポート公開

2010年の7月31日に、
『音倉デ聴き歌ヲ3』というイベントが、
下北沢Com.Cafe音倉さんで開催されました。

***

利き酒という言葉に引っ掛けて、聴き歌。
聴かせ歌を持ち味にしている、なおかつ、
今後の活躍が期待される、音楽アーティストの世界を
味利きならぬ、耳利きの音楽リスナーの皆さんに、
試しに味わってもらいたい。

***

そんな想いからはじまったイベント。


そのライブのレポートが公開されました。
素敵なライブレポートです。


ぜひ、読んでみてください。


興味が湧いて来た方は、ぜひ「聴き歌」を味わいにお越し下さい。



■KIKIUTA WEB■
>>>>>http://wildrose21.com/kikiuta/liverepo.html


■Com.Cafe音倉■
>>>>>http://www.otokura.jp/
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-08-24 22:49 | diary

憧れの甲子園。

東海大相模高校、野球部のみなさん。

ほんとうにお疲れさまでした。

両チームどちらも、ほんとうに素晴らしかった。

感動をありがとう。



ぼくが高校生のときに甲子園に連れて行ってくれた野球部のみんなは、今でも、ぼくの憧れのヒーローです。

きっと、誰かのヒーローになってるはず。


胸を張って、神奈川に帰って来てくださいね。




それにしても、
門馬監督、当時と全然変わっていませんでした。

インタビューに声を詰まらせながら涙している姿に、感動しました。
先生、お疲れさまでした!!




2010.08.21.Saturday
23:37 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-08-21 23:38 | diary

最高な宝物。

最近、いろいろと考えさせられることの連続なのですが、


相手のことを否定したり、(愛情のない)批判をしたりする。

自分の所属している場所や、その場所に関係するひとたちを否定したり、(愛情のない)批判をする。


そんなことよりも、

自分に関わってくれるひとたちのことを、

自分の気に入ったものたちのことを、

自分の好きなことを、

自分のやっていることを、

自分が頑張りたいことを、

自分の持っているものを、

自分の手に入れたものや、これから手に入れたいものを、

自分の目の前にいる相手に向けて、あげたくなる気持ちを、

応援してくれるひとたちのことを、

今の時間、これからの時間、過去の時間やことを、


そして、

あなたのことを、



最高の宝物だ と 想っていたい。




いまは、恥ずかしくてなかなか声に出せないんだけれど。

なるべく早いうちに、

聞かれてもいいように。


もし、
聞かれたら、

胸を張って、まっすぐに言いたい。


「最高の宝物がある」と。



ぼくが好きな、何に対しても。
胸を張ってそう言える自分でいたい。



いつでも、

「最高の宝物がたくさんある」

ことをあなたに話したい。

「あなたにも、それが見つかるはずだ」と言いたい。




そして、いつの日にか


「あなたは、ぼくの最高の宝物」


と、言える自分になりたい。






誹謗中傷、いじめや、わるぐち、陰でコソコソ陰ぐち、思いやりのない言葉たちは、
もうたくさん。

相手を傷つけようとして、狙って、わざと言う、口から発せられる言葉たち。
相手を思いやらず、考えもせず、いとも簡単に、ただ思ったことを、すぐに言葉にしてしまうひとたち。

もうたくさん。


まるでスナイパーのよう ね。





2010.08.19.Thursday
23:31 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-08-19 23:40 | diary

終戦記念日。

今日は、終戦記念日。

ぼくといえば、美味しいコーヒーを飲みながら友達とおしゃべり。

人間関係のグチを聞いたり。

面白いことで、バカみたいに笑ったり。

未来の話をした。



帰って来て、テレビで「the PACIFIC」というアメリカの戦争ドラマを観ていて、
「きょうは、終戦記念日だったんだよね・・・」と、思い出した。


その映像には、酷く残酷な爆撃戦や、銃撃戦、血や、あまりにもあっけないように見えてしまう死。

そして、友達同士の友情がそこにもあった。



いま、ぼくらの苦痛に「思える」ことも、

納得いかないことも、

ムカついてしまうことも、

当時に比べてしまえば、ほんの ささやかな こと。

もしかしたら、可愛く思えてしまうこと。

かもしれない。




たとえ、
美味しくないコーヒーだったとしても、美味しく思えてしまう。
楽しいおしゃべりがある。
グチも、未来への打開策や希望へのヒントだったりする。


そうなるのも、ぜんぶ「友達」のおかげ。



記念日は65回目を数える。

国によって、それぞれ記念日は違っているらしい。

国の捉え方や、都合によるものらしい。

そこにも、国や人間の利害関係や、今も続く問題があるらしい。

どんな場合も、関わっているのは ひと 。



どうか、ただの記念日にならぬよう ぼくには何が出来るだろう。

家に帰って来てから思い出すくらいの ぼくに。




今日は、終戦記念日。

ぼくといえば、美味しいコーヒーを飲みながら友達とおしゃべり。

人間関係のグチを聞いたり。

面白いことで、バカみたいに笑ったり。

未来の話をした。



どれも、これも、

幸せなことのように思えてならない。








2010.08.15.Sunday
23:43 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-08-15 23:45 | diary

8月7日の土曜日。

ずっと、僕の歌を好きでいてくれているファンの女の子が、
めでたくご結婚するということで、結婚式に参加してきました。


もちろん、ただお祝いをしに行ったわけではありません。
ゲストとして、
歌を届けに
行ってきました。


今年、ライブに来てくれた時に、
「あのー・・・わたし、結婚することになったんです・・・」
と、なんとも言いづらそうに、伝えてくれました。


「もし、呼んでいただけるのでしたら、歌を贈らせていただきますよ」


旦那さまのこともありますから、「旦那さまが快くOKを出してくれたら、ですね」



そんな会話をしてから、日は経ち。。

ミーティングを何回かさせていただき。

当日を迎えました。

当日まで、ほんとあっという間でしたね。





「音楽に感謝したいなぁ」と、何度も思いました。

それは、
「ひと」と「ひと」とを繋いでくれるからです。



会場にお祝いに来た皆さん、お料理や飲み物を運んでくれるスタッフの皆さん、司会の方、ウエディングプランナーさん。


歌がはじまる前と、後とでは、全然顔が違う。
穏やかな笑顔を向けてくれる。
話しかけてもくれる。


音楽のおかげだなぁ。
ほんとうにありがたいなぁ。
ありがとう。


すごく心の中で思うのです。



新郎新婦さん、僕を呼んでくれてありがとう。
歌を贈らせてくれて、ありがとう。



どんなふたりで、どんな式だったのか、詳しくは書けませんが、
新郎新婦さんおふたりとも、とても素敵で、笑顔あふれるあたたかな式でした。



それが、どうか文章を通じて伝わってくれるといいなぁ。






2010.08.10.Tuesday
22:48 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-08-10 22:50 | diary


昨日。
東京国際フォーラムにBoyz Ⅱ Menさんのコンサートに行ってきました。
New Yorkフィルハーモニー交響楽団とのコラボレーションTourでした。


「Boyz Ⅱ Men with New York Symphonic Ensemble」


力強く、そして優しい歌声に、ただただ感動。
イントロがはじまり、歌声が出された瞬間に、もう感動のあまり、涙・・・の連続でした。


2009年にも行ったんです。
横浜の会場でした。
その日は、音楽が全体をやさしく包み込んでくれました・・・ずーっと、泣きっぱなしでした。
こんなこと、はじめてでした。
オーケストラの登場、指揮者が合図、一斉にはじまる動作だけで、泣けました。
音楽の素晴らしさにあらためて気づかされ、脱帽でした。


そして、今回の2010Tour東京国際フォーラム。
今回も、泣いちゃうかな・・・と思っていました。
音楽の素晴らしさはもちろん、オーケストラに溶け込んだ歌声に心がワクワクとしてあったかくなりました。
もちろんね、泣いちゃいました。
でも、今回の涙は、昨年とは''ちょっとだけ''違いました。


こんな大勢の中でも、ふつうでいられて、電車に乗って、こうしてコンサートを観に来れている。そんなことに、感謝の想いが溢れ出てきました。


たくさんの支えてくれたひとたち、友達、仲間、今まで関わってくれたひとたち、今は会えなくても交わる瞬間や、ひとときがあったひとたち。


ひとりひとりの顔が浮かんできました。みーんな、にこやかにほほえんでた。


***
Boyz Ⅱ Menを知ったのは中学のとき。
バスケ部で部活が一緒だった、「部長(ぶちょう)」のお家に遊びにいった時に、「これいいんだよ。知ってる?」なーんて言いながら、’’On Bended Knee’’を流してくれた。何回も聴いた。何回聴いても良かった。歌声が素晴らしかった。「洋楽っていいな」
はじめてだった。歌詞は英語だから良く分からないけど、イイ。
洋楽アーティストだった。
ジャミロクワイも教えてくれた。
そんな、部長を思い出し、感謝したくなった。
教えてくれて、ありがとう。



いまは、彼は『社長』になっているみたいだけれど・・元気だといいな。
また、会えたらいいな。
そして、今もBoyz Ⅱ Menを好きでいてくれた、いいな。


もし、来年も「Boyz Ⅱ Men with New York Symphonic Ensemble」が開催されたら、絶対に観に行こう。


ほんとうに素晴らしいライブだった。
ありがとう。




*p.s.
武蔵丸さんや、サッカーの北澤さんもご家族といらっしゃっていたり、昨年のコンサートにはDEEPの方がいたりと・・・もしかして、EXILEのATSUSHIさんもいたかもしれませんね。
たくさんの方が、音楽に癒されるひとときだったと思います。




2010.08.09.Monday
22:12 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-08-09 22:12 | diary

ほんとうにありがとう。

こんばんは。
お元気していますか??


31日の聴き歌ライブに来てくれたあなたに。
本当にありがとうございました
暑い中、遠いところから来てくれた方もいまして、本当に嬉しかったです。


おかげさまで、その日1日を、楽しく過ごすことができました!


ひとときを、素敵な時間にしてくれて、本当にどうもありがとうm(_ _)m
あなたのおかげです。
本当にどうもありがとう。


この日は、久しぶりの(ほぼ、数回しかやったことのない)「アコースティックギターで弾き語る」というスタイルでした。

1人だったので、いろいろと不安もあり、心配事もありでしたが、温かな雰囲気に包まれた会場で歌うことができ、嬉しさがじんわりと込み上げてきます。


ライブは1人だったけれど、決して独りではありませんでした。
ハセタクさんのパーカッションも勇気を与えてくれました。


歌を聴きに来てくれて、音楽を一緒に感じてくれて、とっても嬉しかったです。
感謝しています。



そして、
音倉のスタッフの皆さん、出演者の皆さん、温かくしてくださり感謝です。
終演後にみんなで囲んで食べた食事が、とっても美味しかった。



次の目標に向かって、がんばりたいと思います。



2010.07.31.聴き歌@Com' Cafe 音倉
<セットリスト>
1.帰り道〜想い運んで〜
2.Tears In Heaven(cover song)
3.月キレイ
4.白球ストーリー(with Percussion ''HASETAKU'')
5.When You Wish Upon A Star




8月3日には下北沢のmona recordsさんにて、ココカラさんのchorusとして出演してきました。
カントリー音楽に温かな色をそえてきました。

聴いてくれたお客さま、ココカラの皆さん、mona recordsのスタッフの皆さんありがとう。




あしたは、僕の歌を好きでいてくれるファンの方が、ご結婚することになりました。
とってもおめでたいことです。
そして、うれしいことにオファーをいただき、歌を届けにいくことになりました。

優しくて包み込むような歌を届けにいきたいと思います。



良い夢をみてくださいね。
おやすみなさい。



2010.08.06.Friday
25:02 p.m.

神山幸也





*p.s.
何か困ったことがあったら、遠慮せず言ってください。
僕でよければ、力になりますから。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-08-07 01:03 | diary