神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

初体験


今年の上半期が終わり、ちょっと思ったことがあった。

もしかしたら、「初体験が今年、多いかもしれないなぁ・・・」ということだ。


ちょっと恥ずかしいんだけど、書いてみます。

・ はじめて、つけ麺を食べました。

・ はじめて、ズッカのアイテムをプレゼントでいただきました(ズッカのアイテムをゲットするのも初です)。

・ はじめて、歌の発注依頼がありました(今、ミーティングをしたりしながら、構想中です)。

・ はじめて、女子サッカーを観戦しました。

・ はじめて、エレファントカシマシさん、PUFFYさん、Dragon Ashさん、久保田利伸さんを生で拝見させていただきました。
→やはり生のライブは、素晴らしく、久保田利伸さんの歌声に魅せられ、エレファントカシマシの宮本さんの「みんな輝こうゼェーぇぇえ!!」に勇気をいただき、PUFFYさんのアジアの純真に、ぉぉおお!と思い、Dragon Ashさんの「みんなに食わせてもらってるから、音楽やれてる」発言に、男気を感じた1日を堪能させていただきました。

・これからも増えそうな予感。。

***

なんか、初体験ってすごく楽しいね。
そして、「そんなこともしたことなかったの?」とか、「えーっ!?マジー」とか言われそうで、恥ずかしさもありつつ。。


ちょっと、毎日を満喫しています。

初体験が多い2010年になりますように。


あなたにも、ワクワクのドキドキの多い下半期になりますように。



* p.s.
そして、そして、31日のライブは「弾き語りスタイル」でお届けします。
ひとりで、アコギを弾きまして歌うのであります。
緊張感バリバリですが、どうなるか。乞うご期待です!!




2010.07.27.Tuesday
25:24 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-07-28 01:25 | diary

元気?

なんとなく元気がなくなって、
やる気が出ない時がある。

そんなときに。

「来るはずもない」と思っていたmail。

が、届く。


こっちからは、連絡していなかったひとからのメッセージ。


それがすごく、嬉しい。


そんなささいな、ちっぽけなことが、
なんだか、愛しい。






2010.07.17.Saturday
23:25 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-07-17 23:26 | diary

習慣はこわい。


きょう、「習慣はこわいなぁ」と思いました。

広辞苑をひいてみました。

【習慣】
1. 日常の決まりきった行い。しきたり。ならわし。
2. 心

ア. 後天的に習得し、比較的固定して、少ない努力で反復出来る行動様式。
イ. 狭義には、特に知識に関係したものは記憶と呼んで、運動に関係したものだけを習慣ということが多い。


なんかすごく、ひいてみてビックリだったのが、2の「心」の部分。

習慣は心に共通するんだ、通じるんだ・・・というビックリがありました。
結局のところ、「想い(思考)→行動」を生むわけなんだけれどね。ちょっと機械的な感じに広辞苑のは読めますよね。それも、面白い表現ですよね。


書きたかったことは、いい習慣を持続させていくことも習慣になれば、すんばらしいことに繋がっていくんだなぁ。

と、書きたかったのと、もう1つ。

ほんとうに書きたかったことは、ダメな(だれがダメと思ったりするかは、良く分からないんですけどね)方向に習慣化されてしまった行動や、考え方が持続していってしまって、「本当の習慣」となってしまった場合は・・・それが当たり前になってしまうということだから、こわいなと今日思って、書いてみました。


いい習慣や、グッドな心を持ち続けていたいですよね。
それが、行動に繋がっていくわけだからね。





2010.07.16.Friday
24:37 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-07-17 00:37 | diary

不完全な感じ



ふかんぜんな感じ。
今日とは違って、あしたは、またぜんぜん違った感じになる。
言葉も、表情も、考え方さえも。


それを、目の前にいる、あいてに思わせる。

それを、全く自分自身は感じずに生活している。

それを感じているのは、相手だけ。


そんな相手に興味が凄くわく。

ワクワクするほどに。


ほんとうは、そんなヤツは嫌い。

でも、自分の中で、どこか違った部分が反応する。


もっと知りたい。
もっと知りたい。


もっと、もっと、知りたい。

知りたくもない部分も沢山あるかもしれない。

それでも・・・知りたい。



そう思わせてくれる、そんなひとがいる。




2010.07.10.Saturday
24:45 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-07-11 00:46 | diary

そういえば。。。

岡田JAPANの本田選手のマネージャーさんブログを発見!!


絶対に、この人、「いいひと」に違いないです。



いいひと汁、全開です。。


素敵ですよ。


見てみてくださいね!!



■■本田圭佑オフィシャル・ブログ■■
http://ameblo.jp/honda-estilo/




2010.07.06.Tuesday
26:08 p.m.

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-07-07 02:09 | diary

おかえり、JAPAN BULE!


帰国会見、あんなに素敵な感じ、めったにないと思いました。
あんな、アットホームなものを大事にした方が良いなぁ、と思うのです。


批判的なことばが多いように感じます。
批判ばかりするくせに、なにか1つ成功したら、パッと裏返り、握手を求めてくるようなひとが多い気がします。
まさか・ ・・自分の周りだけ?
(そんなことは、ないと思いたいのですが)世の中の情報や、マスコミの反応や、新聞報道、テレビのコメントなども冷たい感じがしていました。


だから、そんな中で岡田ジャパンの会見。
楽しそうな選手同士の感じ、チーム感。
素敵すぎました。。
あんな風なのが、いいと思うのです。


テレビでは、時間制限があるため、放送内容がカットされたりしていますが、全部見てみたい、耳を傾けて、発する言葉を聴きたい。

と、思いました。



「何度見ても、良いなぁ」



と思うのって、最近めったにないと思うんです。


こんな世の中でも(この表現って良くないけれど・・・)今の、情報化社会において、素敵な情報発信に違いない。
こんな会見を放送していくことが、大事なんじゃないかな・・・と個人的に思いました。


南アフリカでは、日本でどのように取り上げられているか
なんて、「何も知らなかったですね」と選手の方々は言っていました。


「ただ、思い切ってサッカーするだけ」


情報になんか左右されずに、一生懸命にやるだけの精神。
本当に素晴らしいと思いました。

自分がどう思われているかどうかが、問題ではない。
その想いも強く、感動をいただきました。


***

本田選手が、小学校→保育園→中学校→高校と、気さくにハーフパンツ姿で訪問したのも、すごく印象深く、目を輝かせる子どもたちの表情が想像されますね。
しかも、先生方(大人も!)もさらに目を輝かせる姿も想像できちゃいますよね。


感動をありがとう


と、応援してもらえる、言ってもらえる
ことって、凄いと思います。


そう言いたくなるひとたちや、言ってあげたくもなるひとたちが、
機会を得て、増えていけるような日本でいれたら良いよなぁ。


そんなことも思いました。



岡田JAPANのチーム・スタッフ・関係者の方々全員と、サッカーに言いたい。

感動をありがとう!!





2010.07.06.Tuesday
12:31 p.m

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-07-06 12:31 | diary

ファンタジー同好会。


最近になって、あたらしく参加することになったもの。
「ファンタジー同好会」。

結構、自分、あたらしくはじめたりするのに対しては、慎重で出不精。
お誘いを受けて、行っちゃえば、一番楽しんだりするくせに、
その前までは「えー」だの「やだなぁ」だの、「今度にしようよー」と言ってみたりする。
ほとんど、バリバリの拒否。


しかし、今回はありがたいことに、参加させていただきました。


『ファンタジーの映画を見よう』
という趣向で開催されているみたいで、今回お誘いを受けて行ってきました。
なんだか楽しそうな響き。


ファンタジー。


「ライブハウスのスクリーンで映画を見る」
それも初体験。すごく良い感じ、な気がする。。


なので、家では味わえないスピーカーシステムと、大きなスクリーン。


お弁当を片手に、食事をしーの、ソファーに座りーの
という、とってもリラックスした感じで2作品観ました。
とっても贅沢な時間となりました。


1人でレイトショーなど、満喫するのも良いですが、
「みんなで観る」のも、すごく良いですね。


今回は、
『カラー・オブ・ハート』
『パンス ラビリンス』の2本を観ました。
自分的には、『カラー・オブ・ハート』がとても、心温まる映画で良かったですね。
『パンス ラビリンス』奇抜なファンタジーで、こんなファンタジー映画もあるのか〜とビックリでした。


みんながいるから楽しい。


それを痛感した1日でした。




2010.07.01.Tuesday

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2010-07-01 03:18 | diary