神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

705CAFE.



いいお店に出会った。


町田でTOKYO WING BANDさんのライブを見にきたら、その会場で、カフェのオーナーさんの''なおこさん''に出会った。
久しぶりの再会。そして、ごあいさつ。
「TOKYO WING BAND観るの、久しぶりなんだ〜」とにっこりと笑っていた。


「自分のお店を出したい」
という夢をかなえた女の子だ。


「お店はどこにあるんでしたっけ?」
と、ぼくが聞くと、すぐそばだという。
TOKYO WING BANDさんの出番の前に、少しだけ話をした。
0時までやっているというから、「帰り道に寄ります」とお約束をし、ライブを堪能。
音楽にひたってきました。


帰り道にてくてくバス通りを歩き、一本となりの細い道に入ると、ありました。
‘’705CACE‘’(←なおこさんがオーナーだから705CAFEなんだと思う)


15分くらい、珈琲を飲もうかと思い店内へ。
さっきまでライブを見ていたのに、いつの間にかにオーナーさんはお店に戻ってきていました。
パパパッと手際よく、お仕事をしている後ろ姿を見ながら、

あたたかい珈琲(プレーン)をいただきました。


お知り合い(おともだち)のお店だから。
応援してあげなくっちゃ。
とかね、
「友だちだから、宣伝したい」云々ではないんだなぁ。


もちろんね、そういう気持ちは、もちろんあります(もちろん)。


でも、違うんだなぁ。
ほんっとに、いいお店です。
落ち着けます。


15分くらいで帰ろうと思った自分が、1時間以上のほほんとしてしまったのだから。



705CAFE。
町田に行った際には、ぜひお立ち寄り下さい。


すごく素敵なテーブルがあります。


2009.09.25.Fri
p.m. 26:11

神山幸也



■705cafe ホームページ■
http://www.705cafe.com/Scripts/home.html



f0123983_203088.jpg
photo by : Kouya Kamiyama
title: Rainbow Table.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2009-09-26 02:04 | diary

ありがとう。

父の入院がありまして、
多くの方々がmailや電話で、
励ましや心配をしてくれて、とってもありがたいです。

父は、処置が早かったのが良かったのか、
聴力も少しずつ回復しているようです。
ステロイドって、すごいんだね。
今は、退院が出来て、定期的に通院+お薬という状態です。

入院はいたって暇だった様子で、
規則正しい生活に、ご飯も1日三食きっちりと食べ(量は、物足りなかったみたい)、
顔色も良く、ホッとしました。
どうやら、大好きな間食もNGだったので、ふてくされて文句を言うくらい元気です。


中学からの友だちがTELをくれました。

突発性難聴になったことがあるとのことで、色々と知らなかったことを教えてくれました。
「聴力が回復しないこともある」と聞いたので、
聴力が少しでも回復し、退院が出来た父はラッキーだったかもしれません。
その友だちは、聴力が回復していないんだそうです。


今後も
様子を見ていくことになると思います。

心配して下さった方々に本当に感謝したいです。
本当にどうもありがとう。



そして、
ぼくは、友だちの聴力の回復を祈るばかりです。


いい夢をみてくださいね。
おやすみなさい。


2009.09.25. Thurs
p.m. 27:53

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2009-09-25 03:53 | diary
先週の土曜日、19日に友だちの結婚式に参加してきた。

小学校からのお友だちをさせてもらっている。
ありがとう。
年に数回は、「集まろう会」みたいなものを開いては、いつも赤羽の飲み屋さん(庄屋が多いかな)に集合している。

小学校のときには、「おチビ〜」と言っていたのに、
今となっては、彼の方がはるか20cmくらい僕より背が高くなっていて、
頭を撫で撫でされてしまう始末でございます。。
(ワタクシ、あまり小学校のときから、身長が変わっていないのです。。とほほ。)


ある日「結婚式のときに、ふたりのために歌を歌ってほしい」と、お願いされて、
すこし足早に打ち合わせをし、
ブゥーンと黒い車に乗り愛知に帰っていき(彼は今、名古屋に住んでいるため)、
あっという間に当日を迎えて、
あっ!という間に今日を迎え、日記を僕は書いています。


振り返っておりますが、
そんな彼の結婚式。
素敵でした。ほんと。良かったです。


晴れの舞台、一生に一度のことだから、
「神山にお願いして良かったぁ」と思ってもらえるような歌をとどけたい。

プレッシャーが
ズズンと、のしかかっておりました。


それでも、
小・中学校の仲間が同じテーブルで、話しながらバカみたいに笑わせてくれた。
リラックスさせてくれた、
歌う前には、握手をしてくれて、励ましてくれた。
がんばれ、と言ってくれた。


ほんとうに嬉しかった。


すんごく緊張したけれど、ともだちがそばにいてくれて良かった。
それって、すごく、心強いことなんだね。
それをすごく感じた瞬間だった。
本当にありがとう。


「お前は誰じゃー」って、絶対になるじゃないですか。
いきなりギター持って、歌いだすんですからね。
司会の方に紹介もされてしまうわけですからね。
そりゃあ、誰だって思います。


そんな中、
失敗しないぞぉー
と決意をし、一生懸命にこころ込めて歌わせてもらいました。



歌い終わった後、
彼の会社の上司の方や、同期の方にも握手を求められて・・・すごく嬉しくて、感無量でした。

新婦さんにも喜んでもらえて、ほんとに良かったです。


そして、
司会の方やセッティングをして下さったスタッフの方にも、「良かったですよぉ」と言っていただけました。


新郎の勇一くん、新婦の彩子さん
友だちのみんな、会社の皆さま、ご両親さま、親戚の方々、
勇一くん彩子さんのお友達のみなさま、
そして、スタッフのみなさま


この場で失礼かもしれませんが、感謝の気持ちでいっぱいです。
どうも、ありがとうございました!


歌い終わってからは、とてもリラックス状態で、
2次会も楽しんでしまいました。
友だちと別れるのがとても、残念でなりませんでした。



結婚式は、嬉しい。
でも、こうして終わってしまうのは、分かっているけれど
どうしても、すこし寂しくなってしまいますね。

でも、とってもすてきな時間を、どうもありがとう。


勇一くん、彩子さん
末永く、お幸せに。





2009.09.22.Tue
p.m.27:04

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2009-09-23 03:04 | diary

父の入院。

父が入院した。
なんだか、入院は2度目。
健康なのが取り柄の父だが、少し心配。

ガンだとか、胃潰瘍だの、腫瘍があるだの、心臓の病気や、脳に異常がぁ〜とかではないので、大丈夫です。


左耳が聞こえなくなってしまったようで、診察→即入院。

「突発性難聴」とのこと。

仕事のストレスや、何かが原因らしいのだけれど、原因は不明で、どうしてなるのか〜お医者さんにも正直なところわからないらしい。

強いステロイドの点滴をして、なんといいますか、
ショック療法?的なものを行うことで、聴力が回復する場合があるみたいなことのようです(母に聞いたところ)。

むー、心配です。


「早く診察に来てくれたからよかったですね」とお医者さんが言っていたみたいです。

大丈夫だろう?
なんて、少しほっといていると、聴力がそのまま戻らず・・・なんてこともあるようです。

だから、
聴力が戻る可能性が高いということで、少しホッともしています。



普通にiPodを聴いたり、
友だちとおしゃべりしたり、
時には、声を左から右に流す〜ことをしたりすることも、
風の音に耳を澄ませたり、
朝、鳥の声を聞いたり、

「普通のこと」が、「普通ではなくなる瞬間」を思ったときに、
すごく
今の『耳が聞こえている状態』を感謝しています。



音が聞こえなくなってしまったら・・・普通にイヤですし、こわいです。



なにか、
耳がおかしいなぁ、、と思った方は、すぐに診察に行って下さいね。

50〜60歳代の方が、一番多いそうです。

3、5万人/100万人中
くらいの確率でなる可能性があるようです。



<突発性難聴>
wikipediaより

難病情報センターより





2009.09.20. Sun
p.m.25:14   
最近
すごく、今井美樹さんの歌声にほれぼれしています。

神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2009-09-22 01:19 | diary

グーダラ・ムスコ。

グーダラ息子よ。


夏休みは終わった。
グーダラ息子はもうおしまいだ。
グーダラ娘さんも、いらっしゃるだろう。
もう、夏休みはおしまい。
気持ちを新たにしたい。

きょう、久しぶりに白いシャツを着ようと思ったら、
襟元が黄ばんでいた・・・・がーん。。


ある少年を思い出した。
「きょうは、洗濯をしなくちゃならないから」
と、さみしそうな笑顔を見せて帰っていたこと。

洗濯する息子か・・・と感心しつつ、少し寂しくもなってしまった。


漂白剤を襟元につけて、少しこすって洗濯機にポン。
(なんで皆、「センタッキ」っていうのだろう。「センタッキ」って打ったら、「洗濯機」に変換されん。「センタクキ」です)


洗濯には重曹は役に立つのか??
なんてことも、思ってしまった(へんなの)。


ちょっと買い物に出かけたら、とってもある友人に似ているストラップを発見。ついつい買ってしまう。今度、ギフトしよう。手紙をそえてね。


すきなお店で、またまた繋がった。もうひとつ、ステキなお店。
すてきなお店は、すてきなお店と自分とをひきあわせてくれる。
それは、なんてワンダフルな出来事なのだろう。
ネットで、お店を検索したら、ありました。
見ているだけでしあわせ。



夜に帰って来て、絲山秋子さんの日記を読む。
たまに読むと、すごくいい。
小説家さんの日記は、やはりすごい。
小説家さんの先生から、教えていただいたHPだからこそ、すんごいのかも。ぼくはこの流れるような、本音満載の日記が好きですなぁ。



なにか、誰かに役に立てないか。
自分が生きていることで、なにか。
ほんの少しだっていい、何か出来ないかなぁ。
ほんとに、何かしたい。

と、思う今日この頃です。


あなたは、
どうですか?


2009.09.03. Thursday p.m.25:00
[PR]
by kamiyama__kouya | 2009-09-04 01:00 | diary

夏休みの終わりに。


8.31.

夏休みの終わり。

あたらしい日々のはじまり。

その
新たなはじまりの前に、アルケミストさんのライブに行く。

それも1人で。
てくてく。

小田急線に乗り、
向ケ丘遊園駅で降りたよ。


多摩市民ホールで、ゆったりを席に座って、
音楽にひたりました。

さいきん、コンサートに行くと、泣きます。、。、。
なぜだろう。。

先日のBoyzⅡMenさんのライブは素晴らしすぎて、本編半分泣きっぱなしだったけれど。

それだけ、音楽にうえているのかもしれませんなぁ。


ピアノの音にひたり、
歌声にひたり、
メロディに耳を澄ましました。


アンコール2回目の最後の最後に、聴きたい曲をやってくれました。
イントロだけで泣けました。。なぜだろう。
ぐぅーっと胸にきました。


いろいろと感慨深くなり、
帰り道に、いろりはろり

考えながら、ゆーっくり 歩きました。


だんだん と
そとの匂いに、秋が近づいてきているのを感じながら。


友達に電話した。
繋がらなかった。

先輩にメールをした。
すぐにお返事を書いてくれた。

来週、会うことになった。


すごく
うれしい。




ケータイを握りしめ、
歩くよ ゆっくりと

ピアノの音が残ってる。


耳のおくに。




2009.08.31.mon p.m.24:16



f0123983_0122240.jpg
photo by:Kouya Kamiyama.
title:おんがくの雨がふるよ。

**アルケミストのバンドTシャツを買ってしまいました!かわいい。**
[PR]
by kamiyama__kouya | 2009-09-01 00:16 | diary