神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さよなら2008年。

もう年末。
クリスマスも終わり、忘年会に向けて(?)新年会に向けて(?)月日は動き出しております。


12月23日Machida cloveに来てくれたあなたに。
本当にどうもありがとう。
Cloveスタッフの皆さんにも感謝をしたいと思います。


この日は、ちょっとした撮影をしていて、良い形で収録が出来ていればそれを形にして、みなさんにもお届け出来たらなと個人的に思っております。


時間はあるあると思っていながら、いっつも出番直前でバタバタしてしまう。
ドキドキしてしまう。
悪いくせです。
ステージでのぼくを見ていると、冷静に見えているかもしれないんだけど・・・結構冷静にテンパっています。
今回はいろいろな音がちゃーんと聴こえてきて、
あ、アコギの音がいい感じ。
とか、
ドラムのフィルがいつもと違う感じ。
とか、
サックスの音の伸びが〜。
とか、
気になってワクワクしている途中でも、曲はずんずん進んでいきます。
だから、歌詞が飛んでしまったら大変。
もう
ぎゃーという感じです。笑
そうならないように、練習を沢山するのですが。
久しぶりに見にきてくれた友達と目が合ってしまったりして、「あっ!見に来てくれたんだぁ。うれしいなあ」なんて思った瞬間に、真っしろになってしまうこと、良くあります。


今回は、結構そういうことがあって大変でした。

次回はそういうことがないように、したいなぁ。
もっと良い歌を、もっと良い曲をお届け出来るようにがんばりますね!



また、来年お会いしましょう。
良いお年を!!




<Set List 08’12.23.Tue >
〜SE〜
Shining Boy & Little Randy by Ruuichi Sakamoto
1.One by one
2.LOVEを探して
3.God
4.Star Compass
5.風の音〜Nature Sing〜
6.Your Story









f0123983_2341465.jpg

title : With the family that loves.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-12-31 22:12 | diary

サンタさん最後の来室


4日遅れのMerry Christmas。
みなさんにはサンタさんはやってきましたか?


お知り合いの男の子に、「サンタさん来た!?」とワクワク声できく。


彼は、「もうそれ聞いちゃうの?」というような顔をしながら。
ぼくは、その子の話そうとしている顔を見ながら。
幸せな時間が流れたのでした。


どうやら、「10歳になった年がサンタさん最後の来室」という
この地域独特?であるらしい(なぞ)話を聞きながら、
そういうもんなんだと笑ってしまったりしたのでした。


「今年でサンタさんは最後だからね」
と我が子にいう親心はどんな心境なのでしょうか。


(よーく考えて。。ということは、10歳まではクリスマスプレゼントは両親からとサンタから2個、いただいていたということです・・・うらやましいことこの上無しであります。)


また、こんな話もありました。
「楽しみで、楽しみでねぇ(言葉足らずで焦りながあ)、ベッドでずっと耳をすましてまっていたらねぇ、お父さんがプレゼントを持ってきた」

・・・それで、どうなったの?
と、ぼく(ちょっと、心配)。


「急いで走って部屋を出て行っちゃった」


「・・・・・・(パパさんの後ろ姿や、想いを考え、ちょっとパパさんかわいそうだと思う、ぼく)発見してしまったわけだねぇ」
・・・なんて、苦し紛れの言葉を返す。


でも、よく考えてると
お父さんが、我が子の部屋にそーっと、足を忍ばせてプレゼントを置こうとする姿を見れたことって、なんだか(良い悪いあると思いますが)素敵だなぁなんて思ってしまいました。


表情や仕草を見れたのでしょうか。
どんな顔で、見ていたのでしょうか。


なんだか素敵です。
身近に、そんな素敵なサンタクロースがいるってことは素敵なことですよね。


パパ・サンタを思い、じーんと来たのでした。




Merry Merry Christmas...
&
A Happy New Year...☆
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-12-29 01:31 | diary

窓から見えたんだ


寒い1日となりました。
あさ、ひとりひとりにダイレクトmailを送って。
そして、少し散歩に出ました。
あいにく天気は雨だったけれど。
マフラーとテブクロさんを(こうしてみるとコブクロさんみたい。笑)持って出かけた。
ちょっと歩いた。
風なんか吹いていなかったのに、紺色の傘が壊れた。
まるで、
寿命のように。
いきなりこうもり傘になった。
悲鳴を聞いたような気がした。


いつのまにかに雲が移動はじめ、マーチが聴こえてきた。
あの歌みたいに。

あの歌が聴きたくなった。
iPodを持ってくりゃ良かった。


高いビルの真ん中くらいの階にあるベンチから、よる、外を眺めた。
淡い電灯が灯る。
時間を忘れた。
あの歌がリピートしだした。
ビートが聴こえてきた。


下ばかり向いて歩いていたから、首が疲れていた。


ふと、頭をあげた。

聴いたことある声がぼくを呼んだような気がした。


そうしたら。

まーっすぐ先のマンションの窓に、クリスマスツリーが見えた。
赤と橙の灯りが点滅している。
規則正しく、息をするみたいに。


ふわっ   っぽ 
ふわっ   っぽ


さりげなく、主張していた。
ここだよぉーって言ってるみたいでした。



もうすぐだ。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-12-14 22:49 | diary

in
サイゼリア。
ピザになんやらこんやらが入った、というお噂のお店にいる。
ちょっと、だけは若干・・・気になる。

テーブルには、トマトのスープとジャスミンティー。
そして、
佐藤多佳子さんの小説を読みつつ、新作の歌詞やら課題やらを整理する。

なんだか、「すんごくやり手やんか〜」なんて思われそうだが、とんでもない。
結構、必死である。笑

ジョンレノンの「War is Over」がお店に流れる。
もう、クリスマスだなぁ〜War is overだよなぁ。平和って良いよなぁ、なんてのんきにティーとやらを飲むんでると・・・。

あぁ。そうか。

そこで、気がづいた。


今日12月8日、ジョンの命日。
ご冥福をお祈りするとともに、LOVE & PEACEの精神をずっと持ち続けていたい。そして、この気持ちが、点から線へと繋がっていくといいなあと勝手ながらに思っている。


行動を起こせば良いではないか!!

なーんて言われちゃう、もしかしたら思われてしまうかもしれないけれど、「こういう気持ちを持ったらいいんじゃない?」っていう提案をするのは非常に難しいことで、緊張する。

どうして?
もしかしたら、その言葉をなげかけたお相手さんの考えを否定してしまうことになりかねないからだ。

むー。
難しいものです。

でも、なんとか勇気を出して投げてみる。

キャッチャーがいなくても、投げてみる。

壁があって、跳ね返ってくるかもしれない。

もしかしたら、受け取って投げ返してくれるかもしれない。

ヒョロリとかわされるかもしれない。

受け取っても、松坂選手よりも凄い160キロ以上の球で投げ返されるかもしれない。

ピッチャーライナーで、もっと早い球が跳ね返ってくるかもしれない。

それでも、素手て受け取る覚悟で、時にはスローボールで、時にはクイックモーションで投げる。

投げてみたら・・・何かが生まれる。

それを信じて、おそるおそるである。
(おそるおそるだから、スローモーな投球になる)

神山投手は投げてみるのである。
ときには、手首のひねりを加えて。


打ち取れるのか、バックスクリーンにホームランかは、分からないけれど。




ドリンクバーは、‘’ジャスミンティー‘’から‘’カプチーノ‘’へと変わった。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-12-08 22:19 | diary