神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ある科学者が・・・・

話し合ったそうな。


熊ん蜂くんは、
どうかんがえても、飛ぶことは不可能な羽の大きさをしているようで、

身体の大きさを、考えていないくらい
ちっちゃいそうな。


でも、飛べている・・・

どうして飛べるんだろう??


答えを求めて、科学者たちが集まって話し合いをしたそうな。

「みんなが集まれば、答えがきっと出るに違いない。」



ん〜。
んー。

んんー。


ポン

と 

世界の科学者たちの出た答えが、

「熊ん蜂は、飛べないことを知らない から 飛べる」



こんな結論になったそうな。



・・・これは、すごい答え。
と思いませんか?

すごいよね。


とってもポジティブな答えなような気がして、
なるほどー のような
でも

ちょっとなぁ〜 のような

その話を聞いたときに、

そんな感じがしました。
そんな感じは、まだ続いているんだけれども、
どこか、あったかい気持ちになってくるんだなぁ。




日本のアフリカ支援が進んでいますね。
U2のボノさんが、絶賛しているみたいです。
政治の裏側には、いろんな目論みがあるんだろうけれど、
良い方向に進むと良いね。

そう 願いつつ 眠るとします。

おやすみなさい。


これを読んでくれている あなたに

いい夢を みてくださいね。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-05-31 01:33 | diary

マックふるぅ〜リぃ

すごく。

最近、マクドナルドに通っている僕であります。

すごく、マック嫌い だったのに。


人生で初めて 
マックフルーリ という デザートを食しました。


あれをパクついている、女子高生を横目で見ながら、

「あれ食べたら、夜ご飯はいらんべーな」


と思いながら、横目で ちらり ほらり
見ておりました。

突き刺さってる、あのスプーン

すげぇな

と 思っていたんです。


ケータイで、クーポン券が手に入ることを知り、
おそるおそる、
注文してしまった 僕でした。


そして、
それを、テイクアウトで大事に 持って 帰り
冷凍庫に in したあと


夜ご飯を普通に食べ

その後に

ふつうに ごくごく

ふつうに


in してた 

まっくふるぅ〜りぃ を 取り出し


突き刺さってるスプーン様を 

にーん

と 微笑みながら


取り出し 食す。


ふつうに完食してしまった。。。

結構、食べごたえがあって、

「たべたぁ〜」っていう感じが、たまらん。。。

ってなるのねぇ。
と女子高生の気持ちが少しわかったような気がしました。

でも、あれをペロッとたいあげる

女子高生は すごいよね

絶対に、毎日 食べたりしているよね。


ちょっと、
尊敬しております。




superfly
すごく いいよね。
あの ヒッピーな感じ
すごく いい。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-05-27 22:32 | diary

IDENTITY.

どうも、こんばんは。
Little Johnの音楽というものは、カントリーをメインに構成されておりますが、そんな音楽に浸透するために、林隆平氏からごそっとCDたちをお借りして、ブルーのiPODに入れて、聞きまくっている毎日ではあります。


しかし、林氏とはメル友以上か!?というくらいメールのやりとりをいたします。
「ギターが欲しい」とか、「お茶の水行きたい」とか、「マンドリン買いに行くわ!」とメールが来たと思ったら、「やっぱやめたわ!」とか・・・笑。


まぁ、音楽関連といえば関連ですけど。

でも、
こうmailをしながら意外と、ミスチルの''HOME''TourのDVDを見ていたりして、「やっぱミスチル、サイコー」と思っていたりします。笑
桜井さんは、やっぱりかっこいい。

もうね、
桜井さん、爆発ー。みたいな感じですよ。
きっとミスチルファンの方は、分かる。
この表現。笑


My Little Loverの新譜が出たりして、すごくうれしかったり。
小林さんの曲は少ないけれど、やっぱりすごく光ってる。
光りすぎてて、リピート。
なんだかんだで、素晴らしいです。



サザン が、活動停止だそうで。
すごく残念。
サザンも桑田さん。
なんだけど、チーム感のある「サザン」っていうか
この人たちだから、
この音が入ってる

みたいなのが良いんだよね。きっと。
そうでしょう?


そこは、なんだろう。
すっごく、個人的なんだけどー。
スポーツの「チーム」みたいな一体感が好きなんだろうな。
きっと
そうなんだろうなぁ。



やっぱり


すごく残念です。




ずーっと
''どこかでやっていてくれるんだろうな''


っていうのが、
身勝手なんだけど、
そう思いたいし、思わせてほしい。


そんな気持ち。
わかる?
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-05-23 01:11 | diary

GINZA. bu〜ra bu-ra

昨日、''Little John''ハギンズビーでライブでした。
カントリーな感じで楽しく、すがすがしく歌ってきました。
お越し下さった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう。

先日。
さささっ、っと、銀座に行ってきました。
ある方の、個展を見に行ってきたのですが、なかなか勉強になりました。
個展というのは初めての体験だったのです。
新鮮でした。

ほ〜ぉ。
ふむふむ。
あぁー、こういうのもありなんだなぁ。

と思いながら、じぃーっと見入っておりました。
黒と白のコントラスト。
墨と紙 の ダンス。
「字」というものは、すごく伝わるものなんですねぇ。
視覚だけの情報だけです。
そこから、温度や速度、空間が伝わってくる。

ほほー。
感動的でした。



僕は、アート(芸術)という言葉を使わずに、「図工みたい」と思ったんです。
これは僕にとっては、すごく良い意味でとらえた言葉で、想いだったのですが、文字にすると「×」ですね。アートが正しい表現だと思います。


アート=芸術。

僕のアートのはじまり は 小学校の図工の時間だったと思っています。
すごく斬新な、小学生の心をグッとつかむ女の先生で、今でも印象に残っている作品や、作品が出来上がるまでの行程で、「最終的には、こういうのが出来ます」ということをほとんど、やらなかった先生でした。

だから最初はドキドキしながら、
「どんなのが出来ちゃうんだろう・・・」と思い、
逆に、
「失敗したら、どうしよう・・・」
の連続で、ハラハラドキドキしながら、思い切り カンをたよりにズバズバ作っていったわけです。


その図工の行程で、
インスピレーションというものを学んだように思います。
学んだ 
というより
感じた  いや


感じるままに    感じたように



の、方がニュアンスとしては、正しいでしょうか。

今でも、斬新な図工の授業をしているのだろうなぁ。
と思うと、小学生のキラキラした顔たちがよみがえってくるような気がします。



さて、
土・日の銀座には行ったことがありますか?


なぜか、その日には、
中央通りの道路が完全に歩行者天国になっていて、
ど真ん中を歩いて風を感じました。
気持ちよかったですよ。



両サイドの建物は、ばばーんと
ブランドもののビルが建ち並んでいて、
だけれども、
道路には、日よけのパラソルや、少し休むためのベンチがあったりして

気持ちのよい
いつもとは違った銀座を楽しむことができました。
結構、好きなメトロにも乗れましたし。
APPLE STOREにも行ってきました。

なかなか良い1日だったように思います。


銀座、ぶらぶら。


また、『銀ブラ』したくなりました。





f0123983_26416.jpg

PHOTO BY : Kouya Kamiyama.
TITLE : Chuo Dori Street.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-05-20 02:10 | diary

I'm Sorry..

ごめんなさい。




あやまることが出来ない子が多くなったな


と思っていたら、

それは 僕もそのひとりだったということに気づいた。


・・・反省。




自分が人に対して、発言していたり、会話をしているときがコワい。


非常に、失礼な発言をしていることを察知しても止められない自分と、

ガツガツ話している自分 との 2人

が、 
僕の中に 存在しているみたい。



ことばを発している声は、非常にやわらかいんだけど
(たぶん)

トゲがある ことばをバシバシ言っていることもあるみたい。

非常にたちの悪い 薔薇 かしら。


僕の中に2人いるのならば、少しずつ直そうとしている兆候だろうから、
少しずつ様子を見ながら、
前者が行動に移してくれるのを 期待しつつ 
待つことにしよう。

その間、

学ぼう。



こころから I'm Sorry。










少し前までは、色づいて
きいろ オレンジ 朱色
になっていた カエデ
いまは、とーっても元気な緑色に色づいてる。

f0123983_2541670.jpg
photo by : Kouya Kamiyama
title : Maple and the sky.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-05-10 02:57 | diary

食べるということ。

僕は食べることが苦手だ。
外での外食が特に苦手で、全然食べられないときがある。


先日、僕のおばあちゃんのお通夜・告別式が終わった。
眠っているように、目を閉じていたおばあちゃん。
おでこを触ったら、とっても冷たかった。

少し前までは、あたたかかったのに。

棺の中に、花を沢山いれてあげる。親戚のみんな一人ずつ。
おばあちゃんがお花畑のベットに眠っているようだった。


その姿を見て、本当に最後なんだな。
死んじゃったんだなと思って、
泣いた。



その後、親戚のみんなでお清めをした。
たくさんお寿司を食べ、みんなで語らい、笑った。
笑うというのは、いけないのかもしれないけれど、みんな悲しい顔をしつづけているより、明るいお葬式の方が良いとお坊さんが言うように、その方がおばあちゃんにとっても良いのかな?


おばあちゃんに聞いてみた。

返事はないけれど、
亡くなる直前に「みんな仲良くするんだよ」と言った言葉が鮮やかに思い出された。
そして、すこしだけ
泣いた。


痴呆症と末期ガンが進行していて、誰が誰だか、痛み止めのお薬でもうろうとしているのにも関わらず、はっきりと、まっすぐと言ったそうだ。

みんな 仲良く するんだ よ


いろいろ深すぎて、泣けた。



そして、
食べた。
なぜか、これでもかというくらい食べた。
お寿司に天ぷらに、煮物に、お菓子にジュース。
食べるということ を 考えた。


生きる
ということ

生命の
エネルギーに
変えていくということ



どうしてだか。
たくさん食べて、たくさん笑った。

そして

たくさん 泣いた。



おばあちゃん、天国でも 元気でいてね。







 
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-05-06 02:15 | diary