神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

元気でねっ!!!

じゃあ、またね。
元気でね。


この言葉の響きが大好きになりました。


前回、書いた友達とお別れをしてきました。
会っている間にジワーっときてしまいそうになりながらも、「これはかっこ悪いぞぉ。イカンイカン」という風に思いながら、そいつの顔や表情や空気感を身体いっぱい、自分に染み込んでくれるように感じ取っていました。


友達は、友達の次のステップへ。
僕は、僕らしく。これからのステップへ。
お互いに新しいそれぞれ違うドアを開けて、進むことになるのでしょう。

バイバイをしてから、なんだかジワーっときちゃってます。
今も思い出しながら、ジワー。
パソコンのタイプの音が響く。



「じゃあね。」
「元気でね。」
「うん。」
「じゃあ、またね!」
「元気でね!」


じゃあね、
この言葉って、「じゃあ、またね」のことですよね?
僕はそう思ってるんですけど。違うかな。
違っていたらヤだな。

もし、違っていたとしても、そう想い続けることにしようと思います。
勝手だけど。


想い続けることが、
願い続けることが、
祈り続けることが、


また会えることに繋がるのだとしたら。
どんな些細な嫌なことや、悲しみや寂しさも我慢できる。


そんな気がしています。
そうしないと、悲しくなってしまいそうだ。


次に会えるのだとしたら、いつのことになるのでしょう。
5年後?それとも10年後?
そのときの、嬉しさが計り知れない感じがしてワクワクします。


でも、
今日、別れたばっかりなのに、またすぐに会いたくなるのはどうしてなんだろう。
「駄目だよなぁ。そういうところがさぁ。」
と自分に突っ込みを入れながら、明日のライブにのぞみます。

どうぞ、遊びにいらしてください。
あったかい音楽をあなたにお届けします。



ワクワクを連れて、クヨクヨを置いて。
次の、新しいドアを開けよう。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-31 02:12 | diary

満月。

どーも、こんばんは。
ここ最近といいますか、月がとっても満月な感じできれいでしたね。

いちまい。

おもわず
写真を撮りました。



ここ最近の話しをしながら、ともだちと歩いていた時に見上げた夜空です。
きれいでしょう?



あと、
1回会ったら、
もう会えなくなるか。
もしかしたら、
関係は途切れずに続くのか。
連絡だけはつくのか。
連絡さえもつかなくなってしまうのか。


という、友達がいます。
僕にとっては、大切な大事な友人です。


その先の未来のことが分かるのは、
僕ではない。
人として、なんとなーくでも繋がって関係が出来て、
色んな嫌なことやマイナスのことがあったとしても、それが切れてしまうのは嫌なものです。


にんげんだもの
いろいろあるさ
でも
なっかなか
受け入れらんない

それでも、
にんげんだもの
にんげんが好きなんさ
それは
どうしてなんだろう?
それを、だれか
ぼくに教えて


にんげんのいみを
誰か教えて



それはいつも思うことです。
繋がり、切れたくないな。
そうなんです。
それは嫌。
二度と嫌。



それを知っているのは、
神様?
それとも
毎日カタチを変える アナタなのかい?





f0123983_183987.jpg                            



full moon.
photo by:Kouya Kamiyama.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-25 01:16 | diary

ハギンズビー。

今日は、リトルジョンでのライブでした。
たーくさんやってるかと思ったら、ちゃんとしたライブ(3人で)はなんと・・・・2回目だったんです。何度も、林くん・ハルヲさんペアにそれを言われ続けていても、未だに信じていない僕です。

ライブは、なんとか花粉の猛威が襲ってきてはいましたが、なんとか本番、がんばって歌い切ることができました。アンケート、音源を買ってくれた方々、どうもありがとう。


マスターやスタッフの方々(結構の前からのお知り合いです。良い人達。)と話し込み、終電に走り込み〜帰路につきました。
・・・が、途中の駅で人身事故。

ホームで30分くらい待たされてしまいました。
こんなことなら、ミーティングできたね。
と思いながら、でも「申し訳ありません。ただいま緊急救助しております」と車掌さんのアナウンスが急ぎ足で流れてくるのを聞くと、胸が痛みました。


あたたかくなってくると増えてくるのでしょうか。
なんか、悲しくなりました。
電車が来ないのが、苛立たしいよりも遥かに。

自分自身では、
「必要とされていない」
と思っても、

世界には必ず
「あなたが必要だ」
って、思っている人がいるはずだ。

僕はそう信じたいし、伝えたい。


たとえ、世の中に
あなたのことを誰一人として見向きもしなくても、
必要とされていないと感じても、
死なないで。



生きることがどんなに辛くても、
死ぬほど辛くても。
生きてて欲しい。

この世に、何億分の1の確率で生まれてきたんだから。

かならず、何か使命があるって。
やることがあるって。
出来ることがあるって。


思いたい。
感じたい。


そして、


伝えたい。





f0123983_340137.jpg
photo by : Kouya Kamiyama.
Home at station.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-17 03:45 | diary

御茶ノ水→新横浜。

いま、サリュウさんの日記を読み、しみじみとしてしまいました。
サリュウさんの歌、僕はとっても好きです。
どうも、こんばんは。


今日は、Little Johnの林隆平くんと一緒に御茶ノ水に行ってきました。
僕の目的は、三茶のリペアマンさんにアコギを調整に行きたかったのですが、残念ながら「お店、お休み」ということで、ちょっと散歩がてら行ってきました。

まず、
いつもお世話になっているギター屋さんの店長さんに会いに行きました。
たまたま、店長さんお休みでした・・・・。

そして、
林くんが欲しがっていた(すぐにでも欲しそう)なマンドリンを見に行きました。
狙っていたマンドリンちゃんが売れてなくなっていました・・・・。

僕は思ったのです。
今日は、ダメな日なのか〜、ダメ日なのかぁ〜。
と。


そして、そして、
ご飯+お茶をしに行きたいのだけれど、ちょっと我慢して「林くんのオススメのギター屋さんに行ってからにしよう」ということになり、そこに行きました。

・・・・出会ってしまいました。
まず、ギターをヨダレをたらしながら林くんと2人で「やっぱりマーチンだよね、だよね」と見ていたら、古いマーチンを売りにきたオジさまが「どんなギター探しに来たの?」と声をかけてきました。店員さんじゃないのに。笑
オジさまが「これ、結構良いんだよね〜。良い音するよぉ。」とお勧めしてくれたギター。
じゃあ適当に弾いてみよーということになり、弾いてみたら・・・・。


キラーン。


素晴らしいギターに出会ってしまいました。
これは、自分のもっているギターよりもイイ。そして、自分のマーチン君より安い。2本くらい買えちゃうくらい安い。。。これは、お金があれば、すぐにでも欲しい感じ。
リトルジョンじゃあ、ギター弾く予定ないけど。

でも、ありすたで使えるかな。
レコーディングで即戦力だな。

とかとか・・・思っていたら、ワクワクしてきちゃいます。
林くんとテンション上がりまくりでございました。
たぶん、また見に行っちゃうよ。マズいね、これは。欲しいね。
良すぎです。素敵です。


そんなこともありつつ。
急いで、リトルジョンのリハーサルへ。
16日に向けての準備をしていきました。
どんな曲をやるのか、お楽しみに。
16日、大和ハギンズビーでお待ちしております。

f0123983_331428.jpg
photo by : Kouya Kamiyama.
今日、買ったものたち。気に入っている雑貨屋さんでボールペンなどを購入し、お気に入りの雑誌と、''GOLDEN MELODY''という名のハープ(名前に負けました)を買いました。


f0123983_32216.jpg
photo by:Kouya Kamiyama.
GOLDEN MELODYちゃん。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-14 03:11 | diary

ミーティング。

帰ってきましたよ。
ただいま。


7日のイベント、そして昨日の深夜のテレビジョンによって、足りなかったことに気付かされ何だか感謝の気持ちがわき上がっています。

なんでだろう。


何かの節目だったのかもしれませんね。
(なんだか自己完結してるね・・・笑)



そうそう、そしてもう1つ。
自分にとって好きなことが発見。気付かされたことがあります。

それは、ミーティング。打ち合わせです。
これ、結構好きです。
それだけなんだけど・・・・。

今日も、友人とコーヒーを片手にお喋りしてきました。
ミーティングって言っても、
語りでも、相談でも、真剣な話し合いでも、
好きですね。


先日、先輩の結婚式に出席してきたんですが、とーっても楽しかったです。
新郎さん(先輩)はカッコいいし、新婦さんもとーってもキレイで。
そして、一緒に過ごし、長ーい時間共にした友達・先輩たちと、語らい合う。
なんだかスカーッとしました。


やっぱり会わないとダメだなぁ、と思いました。
meetしないと。
「だからmeetingは大事なんだよなぁ、そうだよなぁ。」

そんなことを思いながら、うなづきながら、お家に帰ってきました。
なんだかニンマリしてしまいます。ちょっと変かも、今。
どこかワクワクする。

・・・良いことが起こる?良い予感?
がしています。当たると良いんだけどなぁ。
当たるとか、当たらないとかじゃないか。



P.S.
今日、改めて気付いたこと。
カーディガンズは、’’めちゃかっこいい’’ということ。
聞き直そう。


そうそう。
結婚式のね、
2次会のあとに、気兼ねない方々と一緒に車で横浜の居酒屋でくりだしました。
そこで、中学生?高校生?の集団と出くわしました。
外で席が空くのを待っていたぼくらに、女の子たちが「イェーイ!次はカラオケだよねぇ!」とか言いながら、「はいっ、撮ってくださいーい!お願いしまーす!!」といきなりデジカメと、使い捨てカメラ(バカちょんカメラ)を渡してきたではありませんか。

ウチら「・・・・シーン。(顔を見合わすぼくら)」
女の子たち「早く集まってー!!!イェーイ!はいっ、ありがとうございまぁーした(あっさり)」

ぼくは友達に言ったのです。
「絶対に、友達にはなりたくない感じね」と。
友達は、「そうね」といいながら苦笑していましたけれど。

そして、出てきた男の子たち。
・・・・女の子たちよりも若い感じ。顔がプリプリしてる。これは・・・中3か・・・。

外からお店の中に入り、やあっと席に着くと、
会計をしているそのグループの男の子、女の子たち。
卒業式の打ち上げなのかな???と思いながらなにげなーく見ていると、お盆に載せられた10円と100円の山・・・そして、灰皿にてんこ盛りのタバコ・・・・。

携帯を無くしたらしく、いきなりテンションが下がる彼ら。
・・・なんだか。
見つかって、盛り上がる彼ら。
・・・んー、なんだか。


日本も、平和だな




思いました。
そして、すこーしだけ、なんだかさみしくなりました。



f0123983_2492398.jpg

photo by:Kouya Kamiyama.
Town in YOKOHAMA.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-10 00:07 | diary

情報  情熱  愛情

いま、テレビをみている。
寝ようとしたところで、はじまった。
絢香さん・若旦那(湘南の風)さん・平原綾香さん、などなどが出ている。

「マススクリーニング」という制度をはじめて知った。
若旦那さんの活動はほんの少し、人並みには知っている。
でもね、彼の熱意はそんなに分からなかった。
今日、それがガンガンに伝わってきて、凄いことなんだなぁと実感しています。
その制度が広がるように、僕にもなにか出来るといい。

4chのニュース番組の特番だ。
なんで、こんな時間にやっとるんだ。
もっと多くの人が起きている時間に、もっともっと多くの人がテレビをつけている時間に、
なぜ、
やらないのだろう。

アーティストのプロモーションもあるのかもしれない。
それがメインだったら、この時間でもいいのかもしれん。
でも、もっと大切なことがあるはずなんだ。
それを、
もっと多くの人が起きている時間に、
もっともっと多くの人がテレビをつけている時間に、
やってもらいたい。
流してもらいたい。
それが必要な情報ならば。


殺人事件も、官僚さんの横領事件や芸能人のワイドショー的なものも大事なのかもしれない。必要なのかもしれない。
その中に、少しでもいい。
盛り込んで欲しい。



はじめて、
「テレビも良いものなのかしれない」
「情報の伝達方法として、良いように使えばいいのかもしれない」
「悪いものじゃないのかもしれない」



思った。



想いよ  とどけ
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-09 03:15 | diary

Sweet Home and Bitter Home.

こんばんは。
お元気ですか?

machida ''clove''にお越し下さった方々に。
ありがとう。
今回、無事に終了できまして、本当にこゝろからホッとしています。
いろいろ今回、ありました。
見えたこと、感じたこと、思ったこと、学んだこと。
そして、想ったこと。

「色々」あるんですね。
それは僕にしか分からないことなんだろうけど、あなたにもきっと同じようなことがあるようなこと。こういう表現が一番分かりやすいかもしれません。

少し、ゆっくりして次のステップ、次の計画に気持ちをシフトチェンジしていこうと思っています。お楽しみに。

’’ありすた’’は、あたらしい音源作りに入っていくのかな?と予想しています。
あたらしい音が出来た時には、是非聞いてやってくださいね。


f0123983_0535016.jpg

photo by : Kouya Kamiyama.
I am always indebted.
''zoe & Haruwo Yoshizaki & Nobuyoshi Inaba''


<2008.03.07.FRI.セットリスト>
〜SE〜
1.中央線
2.カルアミルク
3.God
4.The Star Compass
5.Loveを探して
6.one by one
7.Your Story
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-08 01:00 | diary

2008.03.07.fri.

帰ってきました。
雨に少し降られて、すこし濡れてしまいました。
あぁ。

いよいよ、あした。
少し噂で、「あしたは花粉が全開らしいよ・・・」と聞きましたが、本当?
大丈夫かな?
マスクは忘れないようにしなくっちゃ。


あした
in ''machida clove''においでくださいませ。

チーム「ありすた」、がんばりますよ。
今回の編成は、このメンバーでいきます。

vocal & guitar : Kouya Kamiyama
guitar,piano & cho : Ohnuki Seiichi
bass : Takuya Iwata
sax & percussion : Kentarow Kawazoe
drums : Nobuyoshi Inaba


がんばります、という言葉は嫌いですけど、
なぜかときどき使いたくなってしまうのはどうしてなんだろう。

あしたは、お待ちしています。
すごーく、会えるのを楽しみにしています。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-07 02:15 | diary

朝ご飯。

帰ってきて、テレビをつけたら。

家庭のご飯が危ない、みたいなことをやっていました。
特に「朝ご飯」ね。

でも・・・、朝ご飯をじぶんは小さな頃、食べていなかったというか作ってもらっていなかったので、お母さんに「起きなさーい!」と言われ起こされ、眠い目をこすりながらリビングの席に座って、お母さんが作ってもらった温かいご飯を食べられるだけで・・・良いではないか。


と、ついつい思ってしまったじぶんがおりました。


でもね、
お母さんがちゃんと作ってくれるのが、目玉焼きでも焼いたパンだけでもうらやましいなぁ。


ちゃんと、おチビたちは、飯を食べなさい!
ご飯の大切さをひしひしと感じながら、フムフムとニュースを見ておりました。


ちゃん、ちゃん。



f0123983_23391311.jpg

photo: in Starbucks.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-02 23:41 | diary

ライブまで、あと少し。

電車に乗ってリハーサルスタジオへ。
結構、込んでいる車内。
銀色のゴロゴロを持って、一つ空いている席に座る。

ほっ。

でも、その銀色のゴロゴロの威圧感?圧迫感?があるからか。
ジロジロおばさまに見られる。

iPODも聞いておりますよ。
ハードカバーの小説もがっつり読んでおりますよ。

・・・だからかな?

最近は花粉が飛んでますから、マスクマンなわけです。


その時に思った。
マスクをしているとね、「はぁぁ。ふぅぅ。はぁぁ。ふぅぅ」
となる訳ですよ。

「酸素」を凄く感じて、酸素についてピーンと考えた。
何か目の前に立っているおばちゃんふたりも、吸っていて、生きてる。
でも、人間の衰えに影響を与えているのは、なんと酸素ということをどこかで知り、酸素というか生物界の偉大さ、とか、輪廻について考えさせられたり、歴史っていうんですか。これ。

廻って廻って、まわってまわって、巡り会ったりしていると思うと、すごいよね。
なんだか大きなものを感じて、圧倒されております。なぜに?


なんだかな。
最近、大きなものがドバァ〜ッと押し寄せることがありますね。
なんでかな。

今、読んでいる小説のせいかな。
じわぁーっと涙があふれてくる、言葉たち。おすすめです。上下巻のものですけれども、ハードカバーを買って良かったなぁと思いましたね。


3月7日まで、一週間を切りましたね。
チケット予約がまだな方はお早めに。
宜しくお願いしますです。


f0123983_154966.jpg


photo : shin-jyuku.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2008-03-02 01:08 | diary