神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

じゃがいもスープ。




今日、疲れて、冷えきった体で帰ってきたら
大きなおなべから温かいモノが流れてきたよ


ぐつぐつぐつぐつ 
じゃがいものスープ


ハハは、眼鏡を、かけて片手に洋物小説
テレビからはDEPAPEPEのウタが流れてきたよ


ぐつぐつぐつぐつ
じゃがいもスープ


ぐつぐつ煮込んで チチが作った 
じゃがいもスープ


まぐれかもしれないから、同じ味は2度とできないかな
それでも おいしい
また作ってね

じゃがいもスープ。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2007-01-27 22:18 | diary

ささやかな ウレシさ。

こんばんは。
僕らは、買い物に行く。
CDショップ、本屋さん、洋服屋さんに、伊勢丹やデパート。イトーヨーカドーもあれば、コンビニだってある。

僕らは生活の為に毎日、使っている、利用している。

好きな駅前の本屋さんがあって、最近そこを利用させてもらっている。
本の種類も多いし、すぐに問い合わせに答えて取り寄せてもくれる。機械を使って検索して、欲しい本・気になる本のある場所を自分で調べることもできる。

そこで、新たに好きになった作家さんと出会い、新しい雑誌を見つけたりして、ささやかな幸せが1つポコッと顔を出す。

買う時に、レジで袋に入れてもらうでしょう?

その袋には必ずお店の名前がついているセロテープで袋が空かないようにとめてくれる。
本や雑誌を取り出す時、セロテープを剥がす時に、(これ、分かるかな?)楽に剥がせるように先端をクルッとしてくれている。ああ、説明が難しい・・・けど、何となくなかるよね?どうか分かってくれますように。

それに気付いた時に、ある。
ウレシさ。

店員さんの、ほんのささやかな思いやり。
の、様な気がしてウレシくなって、またお店に通って本を買ってみる。
そうしたら、また、クルッと留ってた。セロテープ。

心が何となーく、また、和む。
そして、近くのCDショップに行って、好きなアーティストの新譜を買った。
運良く今日はポイント2倍。
家に返って、袋を開く時に、セロテープを手にする。

くるっ と留ってた。


ささやかな うれしい が ひろがった。


2007.1.25
かみやまこうや
[PR]
by kamiyama__kouya | 2007-01-25 01:03 | diary

最近。

殺人事件の連鎖が起きている。
それも、バラバラ殺人や、人のことを意図も簡単に無くすことが平気というような感覚を受けるようなものばかり。

人の命、どこまで軽いものなのでしょうか。

報道が、そう思うようにさせてしまうのかもしれない。
朝から、その加害者の生まれた環境やら、今の状況やら、精神状態の云々・・・そして一番の驚き、ショックを覚えたのは、「友人」と言われている方が盗聴?録音?していた(ボイスレコーダなどに)ことだ。

そして、それをマスコミに流す行為。
それには多大なお金が流れていると思われるが・・・それにしても「友人」とはなんぞや。

本当の友人ではなかったんだね、、と悲しくなった。
みのもんたさんもテレビで、殺人のことを踏まえた上で、そのことに対して怒りを表していました。
どうしてマスコミさんは、真実を伝えることは正義かもしれないけれど、なぜ僕の目には楽しそうに、わくわくしているような雰囲気が伝わってきてしまうのでしょう。

なぜ。


もっと、伝えなくちゃならないことの優先順位があるんじゃないか。
もっと、伝えたいことがあるはずなんじゃないか。
もっと、見せたいことが沢山大人には必要だし、あるんじゃないか。

なんて、思いながらもニュースに目を向けている自分です。
昨日、「ダーウィンと悪夢」という映画を見た。
ドキュメンタリー映画でとても考えさせられる。


最後に、飛行機のパイロットがいう。
「世界中の子どもたちに幸せになってもらいたい。
だけど、どうしたらよいのか。わからない・・・。」


それを、僕は知りたい。


2007.1.21
[PR]
by kamiyama__kouya | 2007-01-21 03:15 | diary

渋谷へ。




今日は、渋谷へ。
勉強しに、そして新しいエッセンスをもらいに。

映画館に行ってきました。
シネマRIZE。
「ダーウィンの悪夢」という映画を見てきました。

テレビで紹介されたりしているので、知っている方もいらっしゃるかと思います。
僕は、すきな雑誌の中で紹介されていました。
それを知らなければ、もしかしたら今回のことには至らなかったかもしれないと思うと、その雑誌に感謝したいなぁって思うんです。

出てくる人たちは、みんな素人さんです。
ドキュメンタリーなので、事実。ノンフィクション。
ひとりが語り、ひとりが動き、時間が過ぎてゆく。

僕たちは、その言葉、映像、事実を見ることしか出来ない。
湖の生態系、お魚を中心にした内容なのに、ひどく悲しい。

僕、個人には何が出来るだろう?
と考えさせられる。
宣伝をする訳ではないけれど、どうぞご覧になってみたら良いと思います。

それぞれ、感じることは違うと思う。
それでいいし、それがいいと思う。
でも、こんな現実があるんだなということを知ることが今日、僕は出来たので貴重な体験をさせてもらったと思っている。

すきな雑誌くんに感謝。


そして。
今月は、好きな雑誌がまたひとつ増えた。
この出会いに感謝。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2007-01-13 22:22 | diary

謹賀新年。



あけましておめでとうございます。
無事に年を越すことが出来ました。
冬眠せずに。笑

今年はどんな年になるのか、いまから楽しみです。
あなたにとって、飛躍の年になりますようお祈りしております。

いろいろが重なって、さまざまな輝きが生まれますように。

それをあなたが覗いた時には、シアワセの色に見えますように。
アグレッシブに毎日にチャレンジできますように。



久しぶりの日記ですが、HPのリニューアルにあたって、ブログに移行する方向で今進めております。ブログのご案内ができるときにお知らせ致しますね。

こころおきなく、人生をお楽しみくださいませ。
楽しまなきゃ、そん・損!


p.m.26:41
BGM:よあけまえ/bonobos

めずらしく、レゲエ。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2007-01-11 22:23 | diary