神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

愛のチャイラテ。



雨でしたね。
なんと、最近、’’ものもらい’’になってしまってしまいました。左目がいたーい。重ーい。そんな感じです。誰かからもらってしまったようには思えないのですが・・・目がもらいたかったのでしょう。

お目目サンの気分だったのかもしれませんね。

今日は、お目目さん(目ってふたつあるから「オメメ」読み方で変換すると目がふたつになるのでしょうね。ちょっと面白いね。英語だと「s」がつくように、日本語もそうなのでしょうかね。eyes。)の病院に行き、1時間半ほど待たされたので、今読んでいる小説1/4くらい読み、読書タイムでした。左目がボヤ〜っとしているのに、読みまくりです。目に・・・あんまり良くないような気がしますが。

それから、なんだか疲れたので、近くのスターバックスに。
コーヒーの気分ではなかったので、あったかいチャイラテ(シナモンが入った紅茶)をオーダーし、飲みながら歩きました。

いつもよりもシナモンがきいていて、あったかくて染みた。

スターバックには全国に沢山ありますけど、美味しくてサービスがいいなぁと素直に思った店舗は、九段下にあるオフィスビルの1階にあるスタバ。容器からこぼれるくらい入れてくれるし、味がグー。お近くへいった時には、ぜひ。


そうそう、この前、kurkkuに行った。
とっても自然な味で美味しかったです。ぼくはシフォンケーキをいただきましたよ。
時間があんまりなくってゆっくりするっていう感じではなかったのですが、また遊びにいこうと思いました。
好きな場所がどんどん増えて、うれしいです。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-11-27 22:06 | diary

冬が来た。




ベランダに出た。
ぼくの住んでる家から外に出て、空気を思い切り吸い込む。

冬がやってきた。

そう感じた。


空気のにおいが変わることを告げる、あの1日のあの瞬間しかわからない「におい」。あなたは感じることが出来ましたか?

冬がやって来た。
どんな冬になるだろう。
どんな風がふくだろう。
どんなニュースがやってくるだろう。
どんな服を着るだろう。
どんな歌ができるだろう。


たーくさんあって、たーくさん待ちきれない。
面白い本に出会いすぎていて、いま無性に本が好きだ。
文章が与えてくれる感情の起伏。
本を読む時は、移動中がほとんどだけれど、人の目もはばからずにス・スィーと読んでおります。

冬がぼくらに何か素晴らしいものを落としてくれるよう、願うばかりであります。


あなたに冬の訪れをお知らせしまーす。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-11-12 22:07 | diary

JAPANイズム。




右腕のない、日本代表がいます。
はじめて知りました。
体に障害のある、野球の世界大会があるということを。

はじめて行われた、その大会。
日本代表と同じユニフォーム。

片手で、打って、投げる。


片手で、野球。

考えられなかったけど、素晴らしいプレーをしていました。
僕らは何にも知らないんですよね。
こんな世界がそこにもありました。

またひとつ、世界が広がりました。
視野は1度分。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-11-06 22:07 | diary

桑田真澄『18』



こんばんは。
11月に入りましたね。朝と夜は寒くなって、もう少しで冬が到来ですね。

ニュースを見たら、「巨人の桑田選手がメジャーに挑戦する」という内容をどのチャンネルでもやっておりました。
興味深いことがありました。ジャイアンツファンの反応です。インタビューを受けていたのですが・・・。

「やめた方が良い。絶対に通用しない。」
「歳だから、年齢的に無理。」

答えていたのが、若い世代のひとたちだったのです。
なんともまぁ、本当に応援心がないといいますか、諦めているといいますか、夢がありませんよね。

とっても、現実的。
これが一番ピタリとくる、かもしれませんよね。

逆に、おじさま・おばさま世代は、「頑張って欲しい。歳だけど、頑張って欲しい。」という答えが多かったように思いました。


諦めている感。


それを感じずにはいられませんでした。
「ワーキング・プア」という用語が出来てしまう程、いまの日本の若い世代にも影響が出ているということでしょうか。

松坂くんが「メジャーに自信を持って行ってきます」といっていました。
松坂選手が憧れた桑田真澄。
桑田選手もメジャーにチャレンジする決意をしました。
メジャーリーグの大きなスタジアムで、ふたりが活躍する姿を期待してます。


ガンバレ!桑田選手!
若い世代も、負けちゃあいられませんね。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-11-02 22:08 | diary