神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東京国際フォーラム



行ってきました。
alva noto + ryuichi sakamoto insenコンサートに。
「周波数のノイズと生ピアノ」=「デジタルとアナログ」という組み合わせの、芸術性の高いライブでした。

なんだか、本当に展示会のような、模型が動いて音楽が鳴っているような・・・分かりにくいと思うけど、そんな雰囲気を感じました。とってもチープな頭をふる回転させて分かりやすくすると・・・「携帯の新機種がでます!」みたいな映像と音楽をババーンとだしてマスコミ各社にコマーシャルするような感じ。

わかるかな?

終演後、ロビーでコーネリアスさんと、リリーフランキーさんを発見。普通にテレビのまんまでカッコ良かった。
日本人って、「キャー!リリーさあ〜ん!握手してくださあーーい!」とか「コーネリアスさんですよね!?すんごくファンなん・・・です(生つばゴクリ)。握手してくれませんか」・・・とならないから行儀がいい。

何度もアンコールを要求するくせに、会場の明かりがついたとたん(あかるくなる)とささっとバックを持って、席を立ち帰るから不思議だ。実に、行儀がイイと言うか、パブロフの犬のように、カラダが反応しちゃう生き物みたい。

行儀がいいということ、にしておこう。


今日は、「地下鉄に乗って」もコンサートを体感する前に、見まして大満足な1日でございました。

内容については内緒にしておこうとします。


今日はとっても暖かくいい天気だったんだけども、少し思った。

このままでいくと地球大丈夫だろうか、と。

どんどん温暖化が進んでいる気がします。
コンサートの会場もそうだけど、エコバックが売られていたように、石油で作られたビニールや土に帰らないものを使わなかったり、コンサートで使われる電気を太陽エネルギーから作るなどを行っている。

そんな些細なことから、地球に還元できるようなことをしていく必要が僕ら人間には必要かもしれない。強くは言えないけれど、はじめていく必要がある気がします。

そうすることで経済的な効果を生むかもしれない。
結局、経済が豊かになれば、お偉い方々をはじめ誰も文句はいわないだろうし。環境よりも、まずは自分たちの生活が豊かにならないと、視野は広がらない現実はあると思う。そこをどうするか、何から出来るか、を考えていく必要があるかもしれないね。

貧乏な若い青年たちが、環境や地球に興味があるのに対して、六本木ヒルズに住んでいるようなセレブは、環境や地球に興味がないという現状があるという・・・。最悪、逆転してくれたらいいのだけれどそれではダメなので、今の地球の状態を知る為に色んなツールが世の中にはあるのだから、それを使って知っていきたいね。

坂本龍一さんは、ミュージシャンのなかでもその取り組みに対してのトップリーダー的な存在なのでいろいろメディアに出ています。その記事を読みながら色々と僕は考えさせられています。

まず、今日僕はメルマガに登録しました。
http://openers.jp
とりあえず、のぞいてみてください。コワいものではありませんからね。笑



p.m24:13
BGM:Merry Christmas Mr. Lawrence/ 坂本龍一

P.S.スマップの出ているホットペッパーのCM、面白いね。ハッピーハロウィン。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-10-31 21:58 | diary

walk




すこし、落ち込んだとき。
すこし、上手くいかないとき。
なんだか、疲れちゃったとき。

ゆーっくり歩いてごらん。
のそりのそり歩いてごらん。
三輪車にも抜かれるほどに。
亀さんになったような気分で。

かならず、あとで追いつくぞって。
追い抜くぞって。
ときには気合いをいれて。

そして、ときには
肩から力を抜いて。


追い抜けるときは必ずやってくる。

いまは、今日はゆっくり歩こう。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-10-29 22:04 | diary

12月8日。



嬉しい、そして誇らしいニュースがあります。
高校から、音楽を通じて知り合い、一緒に音楽をしている仲間のCDが全国発売になります。

バンド名は「12月8日」。
HPはこちら→http://1208web.com/
ロッキンオン・ジャパンという雑誌にもカラーで掲載されています。やったー!
CDのタイトルは『セメントフォークを歌う』です。
ぜひ、CDも雑誌もチェックしてください。

僕の音源「月キレイ/白球ストーリー」にも彼の音(Bass)が伸びやかに入って、歌を盛りたて、支えてくれています。ぜひ改めてチェックしてみてくださいね。

そして、彼=イワタタクヤ氏と今後何かやらかすことができれば、いいなと個人的に密かに思っております。その想い、通じるかどうか・・・乞うご期待。自分もどうなるかわかっちゃいませんが。
楽しみな未来のひとつ、でございます。

では。
今日も良い夜をお過ごしくださいませ〜。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-10-27 22:00 | diary

カレーと日ハム。



帰って来たら、ブラウン管の中でSINJYOが泣いていました。
何度も、何度もプレイボール。
捕って、投げて、打って、まわって。そして、抱き合って。
歓声が鳴り止むことはなく。
そして、プレイボールがリピートされていく。

ぼくは、テーブルの上に出されたカレーをパクつく。
ちょっぴり辛くて美味しい。
中辛カレー。
久しぶりに、新沼くんが作った、じゃがいもカレー(じゃがいもが大きくてホクホクしてるから、ぼくが名付けた)が食べたくなった。おかわりしないぼくがしたくらい美味しい。これは、ほんと。

これから、日ハムのセールが開催されて、多くの人たち(おばちゃんたちは大にぎわいですね)がにぎわって笑顔がたくさん溢れますね。


ぼくはDr.コトーを見て、お風呂につかることにします。
タケヒロくんが声変わりをしてしまったのが・・・残念です。ちょっとショック。笑

今日もいい日になりましたね。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-10-26 22:03 | diary

スタバ。 



ぼくは20歳になってから、コーヒーが飲めるようになりました。
お酒は未だに飲めません。
はじめてコーヒーが飲めるようになったのは、お友達に手を引かれ、嫌々コーヒーショップの扉を叩いたのでした。いや、叩くというよりはのれんをくぐった。そんないや、お邪魔した・・・感じです。

そのお店の名前は、スターバックス。
おにいさん、おねえさんが「こんにちは〜!」さわやかビーム炸裂です。
お店の感じも良い感じでした。
はじめて飲んだのは、カフェモカ。
今では、甘いかなぁ〜と思うそれも、その時にはちょっとニガァって感じ。
「どう?美味しいでしょ?」と聞かれたもんだから、「・・・うん」って答え、ちゃんと飲ませていただきました。そして感動したのが、「なにこの眠くならなさは!」キラーン。それからというもの、コーヒーが飲めるようになりました。

そのスタバ。
値上げだそうです・・・20〜40Yen。
もともとちょっと高いのに、さらに高ーくなってしまいます。
ちょっとショックなニュースですね。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-10-25 22:04 | diary

ドラえもんの道具。



以前聞いたお話を思い出しました。
ドラえもん。
そう、誰もが知っているド〜ラえもん♪
その中で必ず出てくる、道具があります。

その道具。
どうやら、
道具不足らしい・・・。

そこで、ドラえもんの道具を考えてくれ〜!募集!しているみたいです。
(今、もうすでに募集が終わってしまっているかもしれないですが)
ドラえもんを世の中にアニメとして登場させたのも、道具を作ったのも、みーんな大人。
「こらー、ガキども〜、大人の感性をなめちゃいかんゼヨ!」と
大人たちの叫びが聴こえてきそうです。

しかし・・・創造力不足はいなめないようですね。。。
ここは、ガキンチョたちの力が必要だ。’’元ガキンチョ’’にエネルギーを与えなくっちゃ。お前らの出番だ。

さぁ、そこのガキンチョ。
一歩踏み出してみよう。それから、元ガキンチョもここぞとばかりに、やらなくっちゃ!(エレグランドが当たるみたいよ・・・)
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-10-06 22:05 | diary



こんにちは。
30日の横浜のスカイビル、千葉の柏JUDGEにおいでくださいました皆様ありがとうございました。なんとか無事に終えることが出来ました。

今回、支えてくれたメンバーを紹介します。
・ピアノ・・・大貫成一(プロの作曲家として活躍中)
・コーラス・・・有美(Ada-banaというバンドで活躍中)、根本愛子(TERAKOYAというバンドで活躍中)
の僕を入れて4人でのステージでした。
リハや打ち合わせをしながら、なんとか作った7曲。思っているよりも大変でした。スケジュールが合わない・リハが出来ないetc・・・。でも、一生懸命におんがくと向き合って一緒に作って、本番を迎えることができたのは、この3人のおかげです。心から感謝します。どうもありがとう。
帰りの車のなかで「また是非一緒にやろうよ」と言ってもらえたことが何よりも嬉しかった。実は・・・「またの機会があったらやりましょうね〜」の社交辞令の発言が来たらどうしよ〜とおもっていたのです。僕としては一緒にまたやりたい気持ちが高まっていたので。嬉しかったです。
どこかで、またご披露できるはずです!乞うご期待。

HPを載せますので、ぜひ遊びにのぞいてみてください。
・大貫成一(天野浩成さんの「ANOTHER」というアルバムで''Tendam''という曲を提供しています。なんと作詞は松井五郎さん。)
http://www.excite.co.jp/music/disc/4988064179398/

・有美(Ada-banaのHP)
http://homepage3.nifty.com/Ada-bana/

・根本愛子(TERAKOYAというバンドで活躍中)
http://telakoya.noor.jp/in.html



最近思い出したことがある。
中学から、髪の毛を染めることが好きだったこと。
地味ーに、分かるような分からないような茶色だったような感じだ。
それはどんどんエスカレート。
高校の時にはアイロンでチリチリにしてみたり。
もともとくせっ毛だから、気付かれなかったんだけどね。笑
それでも、ずーっと地味に茶色。
時には金髪先生にしたこともある。そしてついたあだ名は「ライオン」。
後ろから見たら誰か分かるくらいの頭の大きさだったこともある。
3、4ヶ月美容院に行かなかったから。
「頭、8倍になってるよ」といわれたことは未だに忘れていない。伝説の発言。
それから、カラスのように黒くしたりしたけれど、やっぱり茶色の時が運が向いて来ているかもしれない・・・とおもったり、そう感じている最近でございます。
その前に、あきっぽい性格のためっていうのもあるかもしれない・・・。
ころころと変化を楽しむ。これが楽しい。
いま、人生で一番髪の毛がながい。伸ばしている最中。もうかなり切りたい。前髪パッつんにしたい・・・かなり評判は悪いけど、この髪型が楽だし、一番好き。でも評判が悪い。長い方が似合うんだって。以前パッツンにしたら「どうしたの!?失恋でもした・・・の!?」と思い切り心配された。笑

ちょっとブラウンヘアーが恋しい今日この頃。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2006-10-02 22:05 | diary