神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー

<   2005年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

リップクリーム。



買いました。
マツモトキヨシさんで(笑)
もう、冬なんでしょうか?
かさつきますよ。

リップクリームに、ハンドクリームが必需品になってきました。


ウォーターなんとかというリップありますよね?
去年買って、唇が潤い過ぎて気持ち悪くなったので・・・
今年はやめました。
去年は、鈴木あみみたいな唇になってましたが・・・笑


お世話になります。
今年もリップちゃん。

よろしゅうたのんますぇ。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-31 01:19 | diary

黄色と水色のベンチ



イヤフォンから流れてくる音楽を聴きながら


帰りの電車を待つ
ホーム
まだ電車は来ない
黄色と水色のベンチに座った

左の端に座る女の子
その前には、男の子
彼氏さんなのかな
口論してる ケンカしてる

僕はふたりのケンカが聞こえないように
iPODのボリュームを1つあげる

「お願い」と男の子の口が動いてる(ように見える)

あぁ、イケナイ。
見ちゃいけない。
もう1つボリュームを上げる
でも
男の子、悲しそう

同じ同姓だから、赤の他人だけれど、
ほんの少し応援したくなる。同情とはまた違う、情だ。



ホームに汽笛を鳴らしながら、軽やかに滑り込む電車

さぁ、それに乗ろう
お家に帰ろう

電車には乗らないふたり
まだ向かいあってる
ホームに残されたふたり
まだ向かいあってる

黄色と水色のベンチ
あのふたりを一番近くで、電車が来ても乗らないふたりを見守ってる

電車が動きだす
ガタン、ゴトン、
ガタン、ゴトン、ガタンゴトン・・・。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-29 01:20 | diary

うたの練習。



さむーい。

段々とこの言葉が多くなってきましたね。

疲れた。
この言葉より、多くなってきてしまうんでしょうか。

今日は、歌をうたってきました。
この僕が、外で。
ことの成り行きでそうなったのですが。

意外と外でも歌えるものだな・・・なんて思ったり。
しかし、明日。
いきなり声が出なくなっていたらどうしよう・・・だなんて、思ったりね。


帰って来てニュースを見ました。
メジャーリーグの、バリーボンズさんが
白血病の男の子の為に、再起をかけて今シーズン、
手術後のリハビリを経てグランドに帰ってきました。

カムバック後、初打席。
11級粘って打ったツーベースヒット。

素晴らしき想い。


さぁ、明日も頑張ろう。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-27 01:21 | diary

マーくんの買い物。



12:15。
お兄さまと、代官山に行って参りました。
お兄さまのお友達が働いている、カフェ・レストランで、ランチ。

パスタとカプチーノをご馳走になりました。
パンも温かくて美味しかったです。ランチなのにゴージャス☆
お兄さまご地層さまでした。

13:00。
お兄さまの彼女さんとそのカフェ・レストランで合流しまして、
話に花が咲きまして、大笑い。来ないと思っていて、メールしようかとおもった矢先に、現れた〜。
その日、1日楽しかったです。ほんとに。

14:00。
マーくん登場(今回の主役です)。
買いました。買いまくりました。
お金って使う為にあるのねぇ〜、と思いましたね。
使いっぷりが気持ちよかったです。
あぁ、新しいコートが欲しい〜。。。
マーくん、しっかりゲットしてました。借りよーっと。笑


素晴らしい1日。
ちゃん、ちゃん。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-26 13:48 | diary

お家に帰ろう。




ただいま。
家に帰ればご飯があった。
今日は、チャーハン。
27時の我が家。
リビングは電気がついていて、テレビもついてた。
パパさん、ママさんはそれも消さずにスヤスヤと寝息が聞こえてきます。


さぁ、お家に帰ろう。
家に帰れば、ご飯が待ってる。
それの心配をしなくても、待ってる。
お腹を空かした僕を待ってる。
今、僕とおしゃべりするのは電子レンジくん。
「2分待っててね」
うぃーんとまわり始めた。

今テレビでは、歌姫が歌ってる。
髪を振り乱して歌ってる。
「チン」の音も忘れて聞いてしまう。
あれれ
お腹がすいてるはずなのに。

ほかほかのチャーハン。
でも何故かすぐに冷えた。
電子レンジくんの気持ちより、
作って、すぐ出てきた時の作る気持ちの方が
あったかいね。
ほかほかだった。

でも、パクつく僕。
完食。
お腹は空く。

こころにも
すぐお腹がいっぱいになるような何かないのかな。
そうしたら、
寂しくなっても、悲しくなっても、
大丈夫なのに。
ひとりぼっちでも大丈夫なのに。


さぁ、お家に帰ろう。
君もお腹が空いたろう?
胃袋くらいは膨らましたいじゃない。
そうすれば、あの「何か」が閃くかもしれないよ。
残念ながら、
僕にはひらめきが起こらなかった。

あーぁ。
でもね、その何かは
人肌くらいの温かさがあるんじゃないかって
チャーハンを食べ終えて、
歌姫のバラードを聴きながら、
思っています。

想っています。


「ひと」だと

感じています。




チャーハン、ごちそうさまでした。
美味しかったよ。

お皿くらい洗わせてね。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-25 01:21 | diary

ミッキーマウス。



今日は、あなたが「ディズニーシーにデートで行ってくる!」ということで・・・ディズニー好きの僕にとってはムカつく訳ですよ。ムカつくというかただ、羨ましいだけなんですけど。

実際は行けないけど、気持ちだけは
あの島にイキターイ。
とのことで、足元だけは・・・とのことで、
ミッキーがたくさんいる靴をはいて、
出かけました。

ディズニーシーに、新しいアトラクションが出来ましたよね。
あぁ〜、行きたい。


パイレーツ・オブ・カリビアンを貸して頂いたので、
それを見て、メイキングを見て、テンションがあがってますが。

ディズニーは素晴らしい。
音楽も、発想も、夢も、愛も見せてくれます。


LOVE Disney.
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-24 01:22 | diary

ハナレナイカラ。



今日は晴れました。
空気も澄んで、それがきれいでした。

今日は、新ジャケットになる「帰り道」のジャケット撮影をしてきました。
僕の育った場所(赤羽)に行ってきました。

そこに行くのは1年くらいぶりでしょうか。


なんで赤羽かというと、
帰り道は、小学校の思い出を書いたので、せっかく新しいジャケットになるんだから、「そこへ行こう、行きたい」という話になりまして、行って参りました。

1年ぶりのそこはまた変わっていました。
あたらしいお店ができたり、あったものが無くなったり・できたりと風景は変わっていきますね。


今回は、逆帰り道で参る事にしました。

まずは元・我が家へ・・・見に行くのは何年ぶりでしょうか。
線路沿いを歩いて・・・線路は2階になっていて、線路沿いのレトロな道じゃなくなっていました。ちょっと寂しかったなぁ。
アスファルトの道もきれいになっていて、すぐとなりに走るはずの電車は空高く流れるように走っていきます。

我が家が近付くと、無かったはずの大きな病院が・・・できていまして、また風景に1つ加わっておりました。

狭い道を行き、我が家の団地へ。
すぐさま、家の下にある小さな公演のブランコへ。
久しぶりにこぎました。ブランコ。

ちょっと酔ったあと(ブランコに、です。ブランコ酔いってやつです。笑)
いよいよ母校の小学校へと。
登校班の集合場所から出発しました。

工場。
変わらずありました。ちょっと奇麗になっていました。
椿。
もう寒いですから、花は咲いていませんでした。
草も少し枯れていました。
歩道橋。
子どもが落ちないように、でしょうか。柵が高くなっていました。


校庭には、
子どもと元子どもの大人達が10数人で野球をしていました。

夕日がとってもきれいで、
校舎の窓をオレンジ色にして、グランドもあたたかな色で包みこもうとしていました。
そんな夕日が沈むまでのわずかな時間で、
撮影を行いました。

子ども達の「バッチコーイ!」の済んだ空に声が響く中、
邪魔をしないように。

その声を聞きながら、思わず、
「こんな子ども達、まだいたんだなぁ」と
じーんとしながら、 
「このまま大きくなってねー!」
と言葉には出さないも、エールをおくりつつ、
母校をあとにしました。

元・我が家へ。
街灯がつくようになり、
公園で時間を少しギターをポロンと弾きながら、
少しの時間を過しました。



ハナレナイカラ。
そんな言葉をかけてくれる、想ってくれている、
この日記を読んでくれている「あなた」に。

涙が出そうな時も、へこたれそうな時も、
あなたを想ってがんばることを、歌うことで伝えられますように。


ずっと繋がっていけますように。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-23 01:22 | diary

シアワセになって。




今日、突然思った事。
「君が僕の事をシアワセにしてくれるの?」

君は言った。
「そんなこと無理。いくら?」

そう言った。
お金じゃないんだ。
そうじゃないんだ。
君がこの先も、たまにしか合えなくなっても一緒に笑ったり、
話したり、温かい体温が気持ちによって感じられるような関係。
それが僕の気持ちだ。
ただ・・・。

君が幸せになってくれたら、それでいいのだけれど。
そうなった暁には、
僕もついでに幸せになりたいな。

シアワセになりたいな。

シアワセになりたいよ。

シアワセにしておくれ。
(自分で掴みなさい)そう聞こえるね。言われてしまうね。

幸せは自分で掴むものなのかもしれないけど、
誰かに寄っかかって、寄り添って生きたい。
それは、とっても甘すぎるキャラメル。

できれば、君がイテホシイ。

そばにイテホシイ。

だけど、無理なんだろう。


僕の欲しい全ては、手に入らないものが多すぎる。
もしかしたら、ただの我がままかもしれない。

愛情・友情・夢・希望・こころ。
感情が揺れる。
心情が振れる。


、、、、、ほしいよ。


幸せはなんだ。
遠いなぁ。


そう思える今。
僕はシアワセか?
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-21 01:23 | diary

障害。



ニュースを見ました。
障害者の方の為の法案が早くても26日には可決されてしまうとのこと。

良かったじゃないか?

・・・それは違いました。

障害者の為の・・・のはずなんです。
でも違った。
地域では生きていけない。

取材をされていた方は、
「せっかく自由を手に入れたのに」と言っていました。

施設から自分だけの部屋での生活を手に入れたとたん、
それを手放さなければならない現実が目の前に。

それが、障害者の為の法案。
本当にそうでしょうか。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-20 01:24 | diary

まえがみ。



髪を切りまして、
それが伸ばしていた前髪とおさらばしました。

髪を切って、知ってる人に合うと・・・
驚かれました。
ビックリされました。
「えっ」って顔見ちゃいました。

笑われました。
「ウケる」といわれました。
「サルみたいだね」といわれました。
「カッコいいよ」といわれました。

お前らも、同じ前髪にしたろか〜。笑



逆にいってやりました。


ニコニコ^^
一緒に笑いあいました。

笑顔がふえました。
また1つ、2つ。


気に入ってるもーん。ぼくはね。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-10-19 01:24 | diary