神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハムさん。





久しぶりに日記をつけます。
これじゃ、日記じゃないじゃないかなんて、自分で突っ込みをいれてみたりして。

元気してますか?

この前、母校の文化祭に行ってきました。
みんな元気で良かったなぁ。
元気っぷりが、増してる気も。笑

軽音楽部も元気満々で、若さ溢れるエネルギッシュなパワーを感じました。

そういえば、台風ですね。
10月の初めにも来たような、、、。

外は、凄い事になってます。

だから、家でじっとすることにしてます。
今回は「ハムさん」について書こうと思います。


10月8日にライブがいつもお世話になっているBELLSであったのですが、その帰り際にハムさんから、衝撃発言がありました。

「10月いっぱいでBELLSを辞めてしまう」とのこと。さらに、仕事は音楽に関わるものではなく、別の仕事をするそう。

ハムさんというのは、BELLSの看板娘的な存在で(僕がそう思っているだけかもしれないけど)背は150センチくらい。

そう、小さい。

歳はいくつか知らないんだけど、いつまでたっても「女の子」という印象。

でも小柄な人なんだけど、お洒落で洋服もいつも素敵。
髪型もBELLSに行くたびに違っていたり。
アフロだったときもあったっけ?
それが似合ってるんだよ。ばっちり。
アフロが似合う女の人、そうはいないよね。

最初にハムさんに会ったとき、というかBELLSでライブをやるようになりBELLSのスタッフさんに認められるようになるっていうのが目標だったんだけど(今もそうだけど)、ハムさんだけは何か人を近寄らせないオーラを放っていて、話せないし嫌われてそう…とか思っていた。

BELLSに出るようになって早4年?もっとか?
最近やっと話ができるようになった矢先、、、辞めてしまうんだって。
凄く寂しい気持ちになりました。

仲間が離れていくような気持ちがしました。

ショック。


本人も色々考えた末に決めた事なので、しょうがない事なんだけどね。

ライブを見てもらうのが最後の日。

それは8日のライブだったのです。
なぜか切ない。


BELLSに掲示されていた、スタッフ募集の張り紙。

「音楽が大好きな方」という謳い文句。

誰も知らない、裏側の人間関係。

少ーしだけ見えるもの。


知っている人がまた一人、どこかに行ってしまうんだなぁ。

雑踏の中へと。


もう会えないのかな。




22日まで、BELLSにいるそうなので明日行ってみようかなと思います。


P.S.
ブッキングを担当してくれていた、片島さんも辞めてしまうそうです。

僕は、ハムさんが僕の歌で涙を流してくれた事を知っています。

嬉しかったです。片島さんから「内緒ね」って言われてたんですけど、この際お礼を言いたくて。

今までお疲れさまでしたと言いたいです。

何を言っていいやら言葉が見つからないのです。




また、ひとり知っている人が。

また、ひとりと、


動いていくものなんですね。

♪SPECIAL THANKS TO "Hamu" AND "Katashima".♪


愛と感謝を込めて。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2004-10-20 23:36 | diary

癒してくれる場所。



今日の夜、7時くらいに代官山に行ってきました。
正味、1時間ちょいですが、軽ーくショッピング。
ここ最近の僕の癒しになっています。

たった、1時間のお買い物でしたが、癒されるんですよ。
買い物がいいのか、それとも代官山という場所が良いのか。

今日はあいにくの雨模様で、しかも月曜日ということもあって人通りが少なく、半透明のビニール傘に落ちる雨の音を聞きながら、お店をまわったわけなんだけどね。

いいですね。
こんな雨の月曜日も。

代官山が好きっていっても、凄く沢山のお店を知っているわけではなくて、個人的に好きなお店を3、4つまわる。

だから、正味1時間くらいでいいのかな。

ああ、ひとりで気ままに歩くっていうのが時間が少なく、そして自由な時間を過ごせるコツなのかもしれない。

僕のお買い物は、ひとりがほとんど。
だって、誰かと行けば、その人を待たせてしまったりする。
それが嫌でね。なんか気を使ってしまうから。それは、優柔不断なところがあるからなんだけど。

僕がもう一人の僕を連れて買い物には行きたくはないなーって思うから。

買うぞーって決めた時には、必ずひとりがお決まり。

でも誰かと行く時だってもちろんあるよ。
だけど、その時は即決できなければ買わない主義。
「今度来た時に買おう」とチェックするのがポイント。

今日は、古着のネルシャツをゲットしました。
本当は、カバーオールが欲しかったんだけど、あいにくサイズが無くて。。。次回に持ち越し。

あっ!
たまたま、俳優の渡部篤郎さんを見かけた。
3メートルの距離で見てしまいました。思ったよりも背が大きいんだね。かっこ良かったです。さすが。
テキトーに着たような普段着もカッコイイなんてずるいなーって思いました。

でも、仲良くなったお店の女のスタッフさんは、「そんなにかっこいいかなぁ…」って首を傾げていて笑った。

服、好きだなぁ。

新しい服に包まれると気分が一新する。


もっと時間がある時には、大好きなCAFEで新しく買った服をそばに気分よく、有意義な時間を過ごそうかなと思います。

また明日にでも行きたくなる場所。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2004-10-04 23:37 | diary

何がしたいんですか?




「あなたは何がしたいんですか?」
「君はこれからどうしたいの?」

と最近、良く言われます。

…僕は何がしたいんだろう。
…本当に何がしたいのだろう。
…何がしたいんだろう。


ぐるぐる回り続ける、この言葉。

ヒトに言われることもそうだけど、自分自身に問う。


僕は何をする為に生まれてきたんだろう。

それが分かれば早いのに。
それが分かれば迷うことも無いのに。

誰かに決めてもらうのか?
決められないから?
それは違うだろう?

でも…どうしたらいい?

誰か助けてほしい。

迷うことはないかい?


僕は迷うよ。
迷いまくってるよ。

それが普通?かは分からないけど、一人は迷ってるやついたね。

あなたは独りではないよ。
、と言いたいけど、寄り添っていてほしかったりもする。

それがヒトってものじゃない?


考えるのも、迷うのも、何かを愛するのも。



僕と同じように迷っているヒトへ。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2004-10-01 23:37 | diary