神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

PHILADELPHIA.



ハギンズビー、来て下さった皆様、歌を聴いてくれた皆様、ありがとうございました。

林隆平くんの車で家まで送ってくれたあと、部屋のテレビをつけると、映画がやっていました。

裁判中のscene。
デンゼル・ワシントン扮する弁護士の隣には、痩せ細り今にも倒れそうな白い男。
それが、トム・ハンクスだったのに気付くのはそれから少し経った後でした。
彼は、エイズの役でした。
エイズが社会に影響を与え始めた時に作られた映画らしく、ゲイという言葉、差別が問われ始めたのでしょう。

彼の俳優魂を感じました。本当にやせ細っていたんです。
どっちかというと、がっちりした人なイメージがありますが・・・。

ラスト、
ビデオには、彼の小さな子どもの頃が映し出され、かわいいんですけど、せつない場面に仕上がっていました。
バックには、
ニール・ヤング。
曲は「PHILADELPHIA」美しいシンプルなピアノとメロディ。

映画と一緒に目と耳で感じてみて下さい。
[PR]
by kamiyama__kouya | 2005-03-09 00:04 | diary