神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「生や死のこと」

「生や死のこと」

帰ってきて荷物を置き、母の姉の洋子ちゃん家に行った。
会いに行く用事があったからだ。

玄関から入ると、洋子ちゃんは困っていた。
飼っている柴犬のラーフ君、立てなくなってしまっていた。
ベランダにおしっこをさせに、なんとか立たせようとしていた。

何か手伝ったら、という顔を僕がしていたのか、
「歳だから」と、母の姉は言った。


関節が痛くてキュルキュル泣くラーフ君を見て、
人よりも早く老化していくことや、
時間の残酷さや、
命には限りがあることや、

生や死のことをまざまざと見せつけられた気がした。
じわっと、涙がにじむ。

元気になってほしい

ただただ、
それを願った、夜のことでした。




2014'02.01.Saturday

23:36 p.m.
Kouya Kamiyama
[PR]
by kamiyama__kouya | 2014-02-01 23:36 | diary