神山幸也が日々思ったこと、感じたことを書いていきます。おもいのままに、感じたままに。「ありがとう」を心に灯しながら。


by kamiyama__kouya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

父との会話。


父と少し話す時間ができたので、話を聞きました。

前立腺ガンという病気が発覚してから、どこの病院がいいのだろうと母は苦手なパソコンを夜な夜なさわり、インターネットを迷子になりながら病院を探しました。


身内が同じような病と戦った友からのアドバイス。
TelやMail。携帯が、うれしそうに鳴りました。


「国立病院がいいよ」とか、
「保険や医療費が少しでも安くなるところは〜」とか、
「何か分かるかもしれないから調べてみるから」とか。


facebookでも、コメントや直接メッセージをいただけた方々もいて、本当にありがたかったです。


財団法人機構『国立東京医療センター』という病院で、セカンドオピニオン診療を受けたときに、親切でいい先生にもめぐり会えたそうです。

その病院で再検査、そして治療方針が決まり、今月8月28日に入院。
29日に手術、31日に退院予定とのことです。


『小線源療法』という治療法を試してみるとのことです。

身体の中に、チタンのチップを入れるそうです。

「アメリカから取り寄せて、最先端の治療をしてみましょう」と、主治医のサイトウ先生が言ってくれたそうです。

それを、先生が言ってくれたことを父は、実はすごく喜んでいたようです。
病名を知って、落ち込んだ気持ちも、少しだけ元気になった様な気がします。


母には、「こどもはホント役に立たないね」と言われて、落ち込んだりもしますが、私自身できることを、何かささやかなことでも良いから出来たら・・と思う日々です。


少ししか分かることがなく、これで良いのかな(?)と思いながら、
私に関わってくださるみなさんに伝えたいな、という気持ちでのご報告となりましたが、おかげさまで父は今日も元気です。


治療はこれから、です。
私も元気でいたいと思います。


あの頃、いま、これから来る未来へ

感謝の気持ちと、
一番のありがとうを込めて、あなたへ。



2013.08.05.Monday
夏の蒸し暑い日に。


神山幸也
[PR]
by kamiyama__kouya | 2013-08-05 22:10 | diary